自 分 と 遊 ぶ
Ayurveda  Life 講座

自分らしく生きる、とは?
アーユルヴェーダを活かすということ

自分らしく生きるには〝 自分らしさ 〟を知り、
それを体験すること、そして磨き続けることが必要です。

アーユルヴェーダの教えにはその要素が多く散りばめられていますが、学習法によっては暗記して終わり‥で日常や人生へ充分な反映に至る間もなかった‥ということが珍しくありません。

講 座 概 要

Ayurveda Life 講座は、
日々の微細な側面からアーユルヴェーダのエッセンスを活かす手段を要約し、それを段階的かつ継続的に実践がかなうツールと場を設けています。

特別版テキストへは、アーユルヴェーダの原理原則をベースに 2016 ~ Ananda のプラクティスにおいて多くの受講者様と直截的実践を重ねてきたプロセスを合わせ、私 Kaori 自身の人生で得た無尽蔵のフィーリングから「 自分と遊ぶ 」を構想立てています。

オンライン講座といえ、流動的かつ直接的〝 遊び〝 が続くように定期  MTG を設け、講座内にコミュニティも実在する形となっています。

>> 次期受講枠 承り中 <<

こ ん な 方 へ

自分の幸せに関心がありそのプロセスを修得したい
アーユルヴェーダを自分のペースで日常に取り入れていきたい
自分とそれを取り巻く関係性へ全容的な至福を見出して生きたい
本来の自分の調子とともに健やかに、幸福に生きていきたい

アーユルヴェーダをすでに知っている、学び始めている人にとっては再度深める機会に、アーユルヴェーダを全く知らない人へはアーユルヴェーダのエッセンスに触れつつ、自分らしさを知りより良く生きられる機会になります。

受 講 内 容

「 自分と遊ぶ 」のエッセンスと具体的な手立てを記した特別版テキスト・ツールを含め「 こういうときどうしてる? 」「 これについてどう考える? 」等、そのときどきで持ち上がるトピックスを照らし合う時間として定期 MTG を設けています。10 ヶ月間で総体的に自分と向き合い自分と遊ぶ瞬間を積み重ねていきます。

[ 特別版テキストを用いたセルフ学習 ]
〝 自分と遊ぶ 〟の特別版テキストには、アーユルヴェーダのエッセンス × 日常的にどう生きる?どう過ごす?どう感じる?‥を掘り下げる各項目が記されています。
付属課題に着手することでより深く自分を体感し、人生全体をこれまでと異なる視点から捉えられるようになります。
その他アーユルヴェーダのドーシャ( 体質 )診断や健康日誌シート等も含まれているため、原則に基づいて自分や他者を深く理解する機会にもなります。

– – – – – – – – – – – – – –

[ 定期 MTG での意見・情報交換 ]
毎月実施中の定期 MTG ( 60 ~ 120 分 ) では、互いにタイムリーなトピックスについて交わしています。
アーユルヴェーダの教えから見るこれって?
この季節より心地よく過ごすには?
こういうとき、どのように自分と遊んでる?
・・・等、流動的に進む遊び = 人生だからこそ、複数の視点から見解の共有をすることで自分に立ち返ったとき改めて深い信頼を自他へ培うことになります。
>> MTG ダイジェスト版はこちら <<

– – – – – – – – – – – – – –

[ アーカイブ視聴で何度も発見を歩む ]
MTG はタイムリーな参加がかなわずとも全回アーカイブ視聴可能です。
受講期間 10 ヶ月を過ぎてもすべてのアーカイブは永続的に視聴いただけます

– – – – – – – – – – – – – –

[ Ananda コンテンツから際限なく遊び場を創る ]
Join いただいた皆様のなかで、互いにコンテンツを孵化・誕生させるというヴィジョンもございます。
WS 開催( アーユルヴェーダ・ものづくり・関係性・健康・食事‥ etc
やコンテンツの構想サポート等、〝 遊び 〟の場を広げる活動にて時期と機会をすり合わせのもと行います。

– – – – – – – – – – – – – –

[ 個別ライフヒアリング ]

学びを確かなものにするために、一対一でのトークセッションを設けています。
受講期間中に Zoom or 対面にて承ります。

― Ayurveda Life 定期 MTG  ―
ダ イ ジ ェ ス ト Ver ,


>> タ ッ プ し て 視 聴 い た だ け ま


>> タ ッ プ し て 視 聴 い た だ け ま


>> タ ッ プ し て 視 聴 い た だ け ま す



― 受講者様のお声  ―


受講理由

自分の中に起こるさまざまなことを Ayurveda Life 講座を通して紐解いていったり、自分自身をよりよく生きていくことができる学びが集約されていると感じたから。アーユルヴェーダをまだふんわりとしか知らない私でも、受講しながら基本知識を習得していけるということ。Ayurveda Foundation 講座と並行して深めていきたいと思ったから。

– – – – – – – – – – – – –

Ayurveda の学びをより実践の中で深めていきたかったから。かおりさんのお話をもっと聞きたかったから。 

– – – – – – – – – – – – – –

自分なりに自分のことがわかってきたつもりでいたけど、基礎講座を受けてまだまだだということがわかりました。もっと自分の深くに潜って自分の人生に参加したいと思った。人ともっとコミュニケーションをとれる自分になるため。ストーリーであげられているMTGの内容がとても深くて全て観てみたいと思った。

– – – – – – – – – – – – – –

今のアーユルヴェーダの知識を、私生活にもっと活かしていけるようにと思いました。


専用テキストについて

基礎講座より自分自身と向き合うことが多かったかと思います。
どんどん読み進めてどんどん理解できるような内容というよりも、何かヒントを得たいときにテキストを開くと、大体いつもそこに欲しかった言葉があるような、そんな内容でした。何度も開いて噛み締めて深まるような内容でバイブルのようなお守り存在になっています。 

– – – – – – – – – – – – – –

かおりさんが今までの経験で気付いたこと、感じたことが「 森を見て木を見る 」ように、まさにアーユルヴェーダ ” いきるための知恵 ” がつまっていたと思います。素直な感想ですが、私はうなずく事が多くて全く違う環境、生活、行いや感情であるのにこんなに同じ気持ちを持った方がいらっしゃることに感動を覚えました。私の中でアーユルヴェーダは不完全で完全なものになりました。 


 MTG について

ぶっちゃけトークができるのがいいです。笑
かおりさんと、アーナンダのみなさんとお話ししてより Ayurveda の学びを深めたい。
私が Life 講座に申し込みをした 1 番の理由でもありますし、テキストを深めていくにあたっても、MTG は Life 講座の学びにおいて、私にとっては重要なポジションを占めてます。
また、リクエストした話題にしてほしい内容を必ずピックアップしてくださるので、アーカイブ受講になっても毎回楽しみです。

– – – – – – – – – – – – – –

総じてよきです!あっという間の 2 時間。丁寧に進行を進めて名残り惜しくも纏めて下さる香織さんの技量に歓喜!
毎回参加者が違うからこその奥深さを痛感します。MTG でも話題になりましたショートバージョン少人数制。お試し的に短時間も有りかと。初めての方のハードルを乗り越えるキッカケにも。



受 講 期 間 料 金

>> 10 ヶ月間

¥57,000 –

― 講 座 へ の お 申 込 み ―

* 決済完了後、専用フォームへと進みます

・・・・・・・・ 収 録 概 要 ・・・・・・・・
自分と遊ぶテキスト WEB & PDF データ
アーユルヴェーダ実践ツール
( 体質診断・健康日誌等 )

ガイダンス動画 / MTG 全アーカイブ視聴
個別ライフヒアリング・10 ヶ月 MTG 参加権



受 講 の 流 れ

1 ,
お申し込み後、Mail アドレス宛へ講座案内と各ツール一式を送りします

2 ,
受講開始日 ~ MTG・個別ライフヒアリング等に「 参加 」いただけますが、他ツール( テキスト・アーカイブ等 )は申込み直後より活用いただけます

3 ,
課題シートの受領は 10 ヶ月以内となります、全提出をもって受講修了証を発行いたします

4 ,
個別ヒアリング ( 60 分 ) は
受講期間中お好きなタイミングで行えます

5 ,
受講期間後も MTG アーカイブ含む各ツールは活用いただけます
MTG 参加・個別ライフヒアリング・課題提出等の〝 コンタクト 〟は 10 ヶ月間となります

 



人 生 は
二 度 と 経 験 し 得 な い
遊 び 場

家族や友人との関係、仕事。
すべては「 自分 」から始まっています。

そして自分はあらゆるものから創られ
現状に出来上がっています。

自分らしいライフスタイル、
自分に合う食事が幸せそのものだ。

そう分かっては居ても、そもそもの「 自分らしさ 」って?

それを知って継続して生きるには?

アーユルヴェーダライフ講座は、

〝 自分として生まれた機会 〟
をいかに捉えるかに焦点を当てています。

遊び心とともに探求心をもって、
流動的に生き続ける私たちを目指しています。

〝 アーユルヴェーダライフ 〟
とここではそう仮定していますが、

その可能性は無尽蔵なる歓喜を指し示す
すべての行為に由来します。

あなただけのアーユルヴェーダライフを存分に遊びましょう。

ど こ を 切 り 取 っ て も
そ こ に 居 る の は
〝 自 分 〟

機械的に食べて暮らして仕事をして‥

私たちは〝 生身〟の生き物であるから

そんな風にして過ごせる時間には限界があります。

マイペースに実践を掘り下げて、
自らとよく向き合いよく学び、
人生において〝 遊べる 〟ようになりましょう。

自分が人生にそのまま存在していなければ
たちまちすべての時間は虚しくなるだけです。

どこを切り取っても
そこには必ず〝 自分 〟が居る、

自分との友好関係があれば、
あらゆる関係性・物事は
とても普通でありながら特別なものになります。


 

アーユルヴェーダ省察プラクティショナー  Kaori