〝 土台は揺るがない 〟

_自分の本来の体質や傾向を正しく知り、そのうえで日々の状態に見合う食事や暮らしを営む。

世界最古の伝統医学アーユルヴェーダの教えには、生涯体や心にとって必要なこと・健やかさを支え導く真髄がこめられています。
これらを現代 – 今日に暮らす私たちにとってそれに準じた形で機能させるには、・・・そのようなフィールドからこのファウンデーション講座は構成しています。
原因と結果を繋げて考えるアーユルヴェーダによる健康法や幸福に生きるための知恵は、人間として生きるうえではどこから入っても〝なるほど〟と腑に落ちることが多くあります。
理解と解釈はその時々によって変化こそするものですが、そのためにもまずは〝 土台 〟をしっかりと理解しておくことが大切です。
ファウンデーション講座は、マイペースに学べるオンライン版テキストおよび PDF 版データ&講義動画を収録し、何度でも繰り返し学び真の理解を深めていただけます。
実用に根差した〝 課題 〟は各章ごとの修得とともに新たな視点から取り組むことが出来、章が進むごとに学びが立体的な実感として湧き起こっていきます。



「 徹底的に分かりやすくかつ詳細について理解する 」

アーユルヴェーダの原理原則とその概要は、今から 5000 年前からあったと思えない程 現実的なエビデンスとともに実態とそれに応じた手立てを提案しています。現代の科学進歩によって証明されている多くのことが、実のところ本質的な原則に沿ってずいぶんと昔からそれを感知している科学としてアーユルヴェーダは今日まで継承されてきました。

これらの原理原則・概要を徹底的に実感として学び、体得することがまず大前提であるとアーユルヴェーダは云います。
そこから、分かりやすく詳細を理解することへも自然と繋がっていきます。

カリキュラム内では、実生活に根差す要素を交えながらアーユルヴェーダ × 暮らし・食事の基盤を照らしていきます。学びながら日々のなかで体感を落とし込んでいくことで、アーユルヴェーダが、自分にとっての健康がより明瞭になっていきます。



A y u r v e d a
F o u n d a t i o n 講 座

講座に含まれるもの

[ アーユルヴェーダの基礎理念と暮らしに根付くカリキュラムを構成したテキスト WEB 版 ]
[ アーユルヴェーダの基礎理念と暮らしに根付くカリキュラムを構成したテキスト PDF 版・全 97 ページ ]
[ 初めてのアーユルヴェーダ・講義式座学動画 60 分 × 6 本視聴 ]
[ アーユルヴェーダの理解を深める課題ツール 1 ~ 5 ]
[ アーユルヴェーダの視点から日々の健やかさをつくるガイダンス ( 実践 ) シート ]
[ 個別ライフヒアリング 60 分 ]
[ カリキュラムを修めたことを証する修了証 ]

テキスト・エッセンス

アーユルヴェーダの発祥と日本に渡ってきた経緯・歴史
アーユルヴェーダの食事学・食物の性質等においての基本知識一通り
アーユルヴェーダの哲学・座学面においての基本知識一通り
日本・現代社会に生かされるアーユルヴェーダの形

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

・アーユルヴェーダの基本知識
/ 体質理論・精神傾向・食物・暮らしのガイダンス
・ドーシャ
/ 体質理論とそれぞれの傾向を深く知る
長所と短所から見出すそれぞれに適したケアや過ごし方を見る
・グナ
/ モノ・コト・心の性質からドーシャに与える影響について
慢性的な疲労や依存にまつわるサイクル
土台からの健やかさを根付かせるためのヒント
・アグニ
/ 消化力、代謝、免疫のアーユルヴェーダ的解釈で不調知らずの肉体について
腰痛、げっぷ、浮腫み。未病のサインと健康状態
・アーマ
/
未消化毒素のメカニズム・発症と蓄積のプロセス
食べ合わせの誤用
五感の誤用リスト・正しく知れば健康度合いに貢献できること
・ダートゥ
/ 体内組織の構造。
食べたものが肉体をつくる段階とその過程で起こる肉体と精神の作用
うまくいっている時と滞りのある場合
・オージャス
/ 人体が輝き心が澄んだ状態で生きるために
胎児の誕生と日頃の快活さの素について・それの生成プロセスを理解する
・食物の性質
/ 自然界の産物が身体にもたらす恩恵の種
食物それぞれの性質を知って正しく有益に食べることに活かす
・食事献立の考え方
/ 体と心が求めるバランスのとれた日々の食事献立
深く満足のいく食事内容とアーユルヴェーダ的 6 味の役割
・生活様式
/ 身体が持ち合わせている本来の叡智を強化させる暮らしのメソッド
アーユルヴェーダの概念から考える理にかなった一日の過ごし方・セルフケア
・関係性におけるアーユルヴェーダ
/ アーユルヴェーダを人生に深く反映させるために

ファウンデーション講座は Ayurveda Holistic 基礎講座内【 講義編 】に値する On-Line 版カリキュラムです


各章における理解度を計り修得レベルを深める課題シート
直接的理解を深める実践項目シート
アーユルヴェーダ 体質診断シート(プラクリティ&ヴィクリティ)
アーユルヴェーダ アグニ(消化力)チェックシート
アーユルヴェーダ アーマ(未消化物)チェックシート
 ほか


 講義動画

テキストをガイドする講義を収録した動画 60 分 × 6 本収録(予定)
テキスト内 第一、二、三、四、五章各プラクティスの講義動画となります
受講にあたってのガイドライン、まとめ編も含まれます
テキストの内容を実際に口頭でディスカッションし、カリキュラムの内容を学び進めていくスタイルの動画を収録しています
アーユルヴェーダを学び始めた実際の初心者様を 1 名迎え、基本を修得していく最中で生じるリアルな質疑応答やご相談事も交えた内容にて収録しています


 専用課題

アーユルヴェーダの学びを修得し理解を深めるにあたっての課題ツールを設けています
受講期間内にテキストを紐解く過程に着手いただき、最終ご提出いただきます
課題内容について、プラクティショナーとのヒアリング内でフィードバックを行い、理解度をおさらいします
課題は 1 ~ 5 の各章ごとに設けられ、日常的なシーンに置き換えて考えるアーユルヴェーダとして心身の健康に役立つ視点を養う事を目的としています


個別ライフヒアリング

受講期間修了時、プラクティショナーとの個別ライフヒアリングにて全体のフィードバックを個別に行っていきます
カリキュラムは繰り返し何度も活用いただけるものですが、期間修了時にヒアリングを行うことで現時点での理解度を認識するほか、新たな視点から学びを咀嚼できる機会になります。直接的な対談を行うことでその後の展望についても見通しを定めていけます。


修了証

一定期間アーユルヴェーダの基礎理念を学び紐解いたことの印として、WEB 版にはなりますが修了証を発行します

受講期間・お申込み

お申込み期間 4 / 1 (木) ~ 4 / 29 (木)
受講期間 受講開始 ~ 3ヵ月

受講代金
  26,000 –

[ 講座 へ の お 申 込 み  ]

* お申込み完了後カリキュラムを開始いただけます

WEB テキスト / PDF データ資料ダウンロード
コンテンツガイド動画のダウンロード ( プラクティショナー×受講者様間 1 : 1 での講話 )
各実践式課題ツールのダウンロード
個別ライフヒアリング(ZOOM)

受講者様のお声

ファウンデーション講座 / 初めての講義を受けて・・・
付属の冊子テキスト通りに進めてくれていますが、その中でもよりわかりやすくかおりさんの言葉で伝えてもらえるので、聞いていて納得と、なぜか、理解するのが心地よい状態になります。紐解いていくと、全てがアーユルヴェーダの世界でその中で逆算(原因と結果)、または枝分かれしていて‥という感じです。
五大元素と宇宙と私達人間との繋がりや、さらにドーシャとの関連、そしてそのドーシャによって自分の状態や人さえも観察できる。本当にシンプルなのだけど、深いという事。それぞれのドーシャがバランスを乱したり増大増悪になったとしても、作用を理解していさえすれば、ケアして戻す事ができる。自分自身を知り、バランスをとり、ケアすること。それが生きやすい、心地良い暮らし、ということ。

【 受講者さま / 動画出演 Maki さんより 】


― Ayurveda Foundation 講座 ―

ダ イ ジ ェ ス ト Ver ,
>> タ ッ プ し て 視 聴 い た だ け ま す

[ ファウンデーション講座?動画収録の背景 ]



[ ファウンデーション講座はどう学び進めると良い? ]


補足 1
ファウンデーション講座ではまず基礎を学び土台を培うという観点で、テキストと並行して進めるガイダンス動画として 第一章 ~ 最終 ( 第五 ) 章まで [ 約 40 ~ 60 分程の動画 × 全 6 本 ] を搭載します。

補足 2
アーユルヴェーダ・ライフ講座[ コンセプト:自分と遊ぶ ]では、受講期間中で 毎月 ( 月 2 回 ) の定期 MTG を設けており、個々人にタイムリーなトピックスを持ち寄りアーユルヴェーダのエッセンスを交えてディスカッションを進めています。
こちらもアーユルヴェーダ初心者様歓迎ですが、「基礎を学ぶ」「自分らしさとしてアーユルヴェーダを寄与する」です。



[ 受 講 期 間・流 れ ]

受 講 開 始 日

お申込みより1週間後~

受 講 期 間

開始から3ヵ月間

受講期間中にカリキュラムの修得・課題の提出、プラクティショナーとの最終個別ライフヒアリングをもってプラクティス修了の授与を認めます。
〝 受講期間 〟はカリキュラムを一巡する修得目安として設け、終了後もコンテンツ内各ツールは継続的に利用・視聴いただけます。

受講の流れ:

>> 修得ツール( テキスト & 動画等 )を用いて自己学習にてカリキュラムを進行
>> 各章内に設けられた課題ツール 1 ~ 5 を着手し、様々な角度から題材を鑑みて完成形を考える
>> 7 / 30 (金) までに課題完了、プラクティショナーへ提出
>> 最終工程にて個別ライフヒアリングを行い、カリキュラムの理解度やおさらいを実施
>> 上記すべてを一通りのプロセスとして完了とみなし、授与・修了を証する


こんな方へ:

アーユルヴェーダの基本について知りたい
アーユルヴェーダがいまいちよく分からないから一から学びたい
自分なりに身体と心の状態を築き、安定させていきたい
体質、心の質、食物の性質と日々の献立、消化力、健康と病気について分かりやすく詳しく学びたい

長期的な視野で健やかに自分らしく幸福に生きていきたいと望んでいる人、アーユルヴェーダに興味がありこれから暮らしに取り入れたい人、命 – 体 – 心について本質的な部分に関心があり、気づきを深めて学びたい人にお薦めです

– Ayurveda Holistic 基礎講座を修了された方は当講座は不要です
– ただし、テキストが細部にわたって記載され【基礎講座内のテキスト以上に多分にボリュームがある】のと【講義動画 × 6 本】を含んでいるため、当ツールを復習として活用したい場合にはそのような方法もあります
– ご希望の際にはお声がけください

[ 講 座 へ の お 申 込 み  ]
¥26,000 –

* お申込み完了後カリキュラムを開始いただけます

WEB テキスト / PDF データ資料ダウンロード
コンテンツガイド動画のダウンロード ( プラクティショナー×受講者様間 1 : 1 での講話 )
各実践式課題ツールのダウンロード
個別ライフヒアリング(ZOOM)



[ アーユルヴェーダの基礎部分
= 食事学を含む健康と幸福の両面で一つとなる土台を築く内容 ]

アーユルヴェーダ・ファウンデーション講座では、毎日の食卓で心身へバランスをもたらすための「 体質ごとに見合う食事バランスと応用 」・「消化力の理解とケア方法」・「 バランスをもたらす食事構成のコツ 」・「 食材リストとその選び方 」・「 健康を築き維持する食べ方 」等にも触れていきます。

実践としての調理法こそ含まないものの、健康を拡大させる核となるガイドラインを一式学んでいただけます。

食事やその調理に関して「何を」に始まり「どう」食べるとよいか、またそれらを妨げている実態が何かを精査する機会にも成り得ます。これにより自分にとっての正解、丁度良いところを見つけられるようになります。

Ayurveda Holistic 基礎講座内での[講義編]の部分を修得いただけるため、実践型講座である >> オージャス生成プログラムを受講された方にとっては食事と身体の関係性について「再確認」や「再発見」が伴うでしょう。

>> カリキュラムは同時に複数受講も可能です。
(例)
ファウンデーション講座 × Ojas 生成プログラム( 2 週間 or 1ヶ月 )
ファウンデーション講座 × Ayurveda Life 講座( 10 ヵ月 )



今、本当に大切なことを学ぶ
心 身 の 循 環 と 統 合 を 高 め る 土 台 に 役 立 つ 講 座

「アーユルヴェーダは、人間である以上はどこから入っても始められるもの」
匠はアーユルヴェーダについてそう教えてくれました。

その後の約 5 年で観察・実践・受容を紡ぐなかアーユルヴェーダは誰にとっても分かりやすいものであると良いな、そして微細な部分にまで光を与えるそれとしていつでもそこに在ると良いよな、と感じるようになりました。

私自身が過去 身体と心の慢性的な不調によって不足感と過剰との繰り返しで生きた経緯から、健康の有難みや生きていることの尊さに気づくことになりました。食事や暮らしのなかで無意識の分野が多分にあり、気づいて施しそのうちに新しい土台が出来上がっていくことで日常がもっとラクに生きられるようになりました。

アーユルヴェーダは「答え」をくれるときもあれば
ただ「本質」に立ち返らせてくれるようでもあります。

・・・そんな普遍的なアーユルヴェーダ知恵を、今日の自分に活かすには?という視点を確かに交えて、まずはアーユルヴェーダ初心者向けの基礎的なカリキュラムを On-Line 版にて配信します。じっくりと構築していく〝土台〟は強固であり柔軟です。
これからの全人生のために、必要に応じてアーユルヴェーダの原理原則を活かしてもらえますように。



On Line 版 講座の特徴

自宅スペースにてマイペースに学びを修得するスタイル
【 土 台 】【 遊 ぶ 】【 食 事 】の 3 つのコンテンツより〝今欲しいもの〟をセレクトして学びを落とし込んでいただけます
専用定期 MTG・アーカイブを用いてカリキュラムの理解を深めていただけます
各課題ツールを用いてアーユルヴェーダと各分野への理解度を計り何度でも学びを一新していただけます
個別ライフヒアリングではプラクティショナーと直接アーユルヴェーダや暮らし・食事にまつわる疑問点を解消し自分らしい形への創造にお役立ていただけます
受講期間は各コンテンツごとに異なりますので概要をご確認ください
期間内での修了時、オンライン版での修了証を発行します

Off Line 版 (対面) 講座の特徴

五感でアーユルヴェーダについて学び、味わい、体験いただけます
調理編および講義編の両面からアーユルヴェーダをじっくりと感じていただけます
タイムリーなトピックスとディスカッションをその場で行えて生きた学びを多くお持ち帰りいただけます
修了後、直接的にアーユルヴェーダを学んだことを証する修了証を発行します


ご 利 用 規 約 


アーユルヴェーダ省察プラクティショナー  K a o r i



〝変化を起こし状況を変える〟

ヨガとアーユルヴェーダによって自分の人生の再編成を始めた頃、匠が示す教えの一つにこの概念がありました。
状況を変えるには、自分の内側からの変化を起こすことが重要ということ。
身体と心の状態を真っ直ぐに観察し、受容できたうえで不要を除き必要を取り入れる。
_このような自然由来のサイクル・真実の循環には一定の原則があり、やみくもにやっていては難しいいままに終わるも、〝それ〟を日々用いることで「内側からの変化」と「外に起こる変化」とが展開し始めるのを実感しました。
反対にそうでなかった頃には、まるで既知の習慣にしがみつき、表面的な安全を求めて自分は何もしないことを望んだりもしました。
しかし、一度歩み出した道のりは「自分でない他のモノ・コトを真実以上に大事にしようとするほど、自分を信じてやれないのは何故なの?」と問いかけるのでした。

「変化」を阻む「怠惰」の本質

そう遠くない過去、私自身が人生で最大の学びとなる機会を得たとき、当時自分が本当の意味で変容を迎え入れるにはあまりに怠惰であることに気づきました。
自分についての〝真実〟を目の当たりにしたとき、それに呼応し飛び込むだけの勇気、自己信頼が欠如していたのです。
その心の奥底に在る恐怖心や古い残像を取り除き、そのうえで自分に誠実で在るために、もっともっと後にまで〝続く〟実践を試みる必要がありました。
このような歩みは、まず第一歩が一番大きな可動力を要し、錆びついていた部位を滑らかにするごとく、都度着実な観察と実行とが大切でした。
そんななかで、自分にとって〝本当に変えるべきものが何であるか〟に気づいたのです。

この講座を通してあなた自身の健やかさが明らかになり、毎日を自分とともに歓喜に満ちたフィーリングで歩まれていくことを願っています。


On Line – 受講者様からのお声

9 月にオフライン版の講座を受講する予定でしたが、
昨今の感染症の拡大を受けてしばらく遠征は難しいなと思っていたところ、今回オンラインでの講座を開催されるとのことでとても楽しみに待っていました。 



私は中学生の頃から、なぜ人は生きて死ぬのだろう。

なぜ苦しんだり争いをするのだろうと子供ながらに悶々としているところがあり、心理学を独学でゆっくり学んでいました。
将来的には〝こころ〟に携わる仕事に就きたいとおもっていましたのですが、心理も奥が深く具体的に「何を?」というのがなくダラダラと遠回りしていました。
本当に色々とあちこち手をつけては「何かが違う」と思いながらも、自分の無意識にある感情を見てあげる事が出来ず今まで来たのですが、最近私のこころはやっぱり人間のダルマやカルマ、教えを説いているブッダの言葉などを人に伝えていきたいと思っていて、それは昔から変わることのない私の真実でした。
それがアーユルヴェーダにも集約されていて、食もあらため昔から伝わるこころのあり方についてもっと勉強したいと思っています。
そう確信をついたのがつい1週間前くらいのことでして、自分のこころの赴くままにと思っていたので香織さんから送られてきたメッセージは引き寄せられたご縁だと思い、今回講座に申し込みさせていただきます^^改めて、ご縁をありがとうございます。



アーユルヴェーダライフ講座の動画視聴 & テキストをゆっくり読み始めました。

動画を見ている時間はとても穏やかで、かおりさんの素敵なところやアーユルヴェーダの知恵がたくさん含まれた内容で何度でも見返す永久保存版ですね!
また、アーユルヴェーダお便り内のおしんさんの推薦コメントも拝見しました。
お2人ともひとつひとつに愛のある言葉で、愛し愛されている事が伝わってきます^^
今この時代だから、昔の人の知恵が必要 → 原点に還ることがとても大切ですね。



アーユルヴェーダライフ講座開講ありがとうございます。
少しずつ自分のペースで始めていきたいと思っています。

基礎講座を受けてあの 5 日間を過ごし、少しずつですが考え方や感じ方が変わってきているように思います。
同じ日常なはずなのに…「〇〇しないといけない」を辞めただけで、日々の生活がとても楽しくなりました。今の環境にある事柄を続けながら、自分の描いている未来も少しずつ見え始めてきています。
色々なご縁にも恵まれて、仕事でもプライベートでも沢山お話しをさせていただく機会をいただいていて、もちろんアーユルヴェーダのエッセンスも織り混ぜながら、ひとつひとつ丁寧にお話ししていきたいなと思っています。



ライフヒアリングでお顔を合わせながらお話しさせていただくことができ純粋に嬉しくて、とても有意義なじかんとなりましたこと感謝致します♡
ほんとこのご縁がより嬉しく感じられた瞬間でした
Ojas キット楽しみにしてますね♩



ライフヒアリング、ありがとうございました。

目からうろこな事&やっぱりそうか!とういう事がはっきりし、すっきりしました。
お話し聞けて本当に良かったです。

そして、かおりさんがとても素敵で、さらに安心してお話しできるなんて。
本当にお会いできてうれしく思いました。



かおりさん、本日はありがとうございました。

キットが届くの楽しみにしています。
作る楽しさもあります。
どう、体も心も変わってくるのか、楽しみです。



ツールバーへスキップ