土 台 は 揺 る が な い
Ayurveda Foundation 講座

講 座 概 要

自分らしく生きるとは?
「 健康 」と「 幸福 」のための基本となること

「 ファウンデーション 」=「 土台 」

生きるほどにラクになる、
食事と暮らしの取組みを自分のペースで。

アーユルヴェーダの教えは
正解探しではなく〝 原則 〟を知って
必要に応じて対処できる知恵にあります。

体質と個性、そこから起きやすい反応。‥長所や短所を身体・心の両側面から知ることで毎日がもっと生きやすくなります。

当講座は、アーユルヴェーダの基礎を徹底的に分かりやすく、一から学べるテキスト & 講義動画を活用いただけます。

>> 次期受講枠 承り中 <<

こ ん な 方 へ

自分らしさを知り、身体と心の両面を整えていきたい
健康と病気の関係性を深く学び実生活に役立てたい
長期的に健やかに、幸福に生きていきたいと望んでいる

体 – 心、生きるうえでの本質的な心地好さに関心がある人にお薦めです。
アーユルヴェーダは私たちの暮らしに根付く〝 身近なもの 〟。日常に活かせるよう分かりやすい言葉とシチュエーションを用いてアーユルヴェーダを解説しています

受 講 内 容

身体心の健やかさの土台となる基本知識を収録したツール一式を用いてセルフ学習を進めていただけます。専用テキストおよびそれについて解説を行った講義動画、課題を用いて、自分の理解度と合わせて適宜必要な項目を修得いただけます。

課題では、直接的理解度を計るうえで役立ち、日常的な応用の視点を養うことに繋がります。

[ 基本となることを要約したテキスト ]
〝 土台は揺るがない 〟のテキストとして、
健康と幸福のための生命科学アーユルヴェーダの原理原則× 日常的にどう活かす?どう取り入れる?
‥を、身近な例と視点を多く用いた内容で収録しています。

第一章 ~ 最終章のなかで、体質、消化のメカニズム、健康と病気、女性性と男性性、人生の目的・・・等、健康を築くための原基本となることを掘り下げています。テキストと講義動画と照らし合わせて学び、繰返し用いて解釈することで自分にとっての理解が腑に落ちます。
詳しい学習法については、付属の受講ガイダンスを参考にしてください。

– – – – – – – – – – – – – –

[ テキストに沿う講義動画 25 時間 + a ]
実際にアーユルヴェーダを学び始めた方々をゲストに迎えて対話式での講義動画を収録しています。コンパクトな対話のなかで反復するダイナミックなリレーションから、アーユルヴェーダをより身近に、具体的に紐解いていただけます。
講義動画はテキスト同様無期限にて活用いただけます。

+ 〝 調理編 〟の講義 & 実演動画も追加収録予定
( 2022 / 6 以降 )

– – – – – – – – – – – – – –

[ アーユルヴェーダ実践ツール・専用課題 ]
学びと並行しつつ、すぐに活用できる実践ツールとして体質( ドーシャ )診断シートや健康日誌等を複数付属しています。
課題シート 1 ~ 5 は、個別の理解度や応用力を段階的に孵化していける内容です。

– – – – – – – – – – – – – –

[ Ananda 今後開催予定プラクティスへの受講枠 ]
当講座を修得された方を対象にPro Line 講座を今後開催予定です。
( 当講座 & Ayurveda Holistic 基礎講座 )

– – – – – – – – – – – – – –

[ 個別ライフヒアリング ]

学びを確かなものにするために、一対一でのライフヒアリングを活用いただけます。
受講修了時 Zoom or 対面にて承ります。* 任意

修 得 項 目

・アーユルヴェーダの基本概念
/ 体質・精神・健康のための食事と暮らしのガイダンス


・ドーシャ
/ 長所と短所、バランスとアンバランスの見方捉え方、整え方


・グナ
/ 属性・物事と性質・心身に与える影響について
( 慢性的な疲労や依存のサイクル・
土台からの健やかさを築くヒント )


・アグニ
/ 消化力・代謝と免疫・快活な心身の状態


・アーマ
/ 未消化毒素・蓄積と病気発症
・食合わせの誤用・五感の誤用

・ダートゥ
/ 体内組織の構成要素・食物から身体と心がつくられる段階・影響


・オージャス
/ 輝き澄んだ命で生きるためのこと・PMS と生理・胎児よ誕生・Ojas の生成プロセス


・食物の性質
/ 食物が身体に機能する 6 味とその役割


・食事献立の考え方
/ 身体と心にバランスをもたらす食事と食べ方


・生活様式
/ 理にかなった一日の過ごし方・自分らしく暮らす・セルフケア


・関係性におけるアーユルヴェーダ
/ 人生全体の幸福について

  ファウンデーション講座? 動画収録の背景  

 >> タ ッ プ し て 視 聴 い た だ け ま す



   どのように学び進めるとよい?  

 >> タ ッ プ し て 視 聴 い た だ け ま す


   修了者様・個別ライフヒアリング  

 >> タ ッ プ し て 視 聴 い た だ け ま す

受講者様のお声


ファウンデーション講座、少しずつ学び進めていますが、自分に当て嵌めて考えた時の腑に落ちることが多くて、毎回驚いてます。
動画に登場しているまきさんのコメントも、とても勉強になります。RYT で学んだとはいえ3時間だけの講義だったこともあり、さらっと終わった感じだったので。改めて自分で学ぶ機会を作って良かったと思ってます。


ファウンデーション講座の第二章を受講し終えたのですが、もう、、ほんとに深いです。( 深い以外の言葉が見つからない😮 )ドーシャ、アグニ、グナ、ダートゥ、アーマ…言葉とその意味を覚えるのも大変だー!とこんがらがりそうですが、なるほど!そういうことなんだ!だからかぁ、と繋がりをたくさん感じています。

講座の中でお二人がお話ししているように、ほんとに知っていたら誰かを救えるし、私も救いたい人がいたので(亡き母)もう少し早くに出会っていれば、出来ることがあったのになぁと思っています。

でも、かおりさんのお言葉にあるように ” もらったバトンを解消するお役目 ” が、自分に与えられてるのだろうし、それがあるからこうしてアーユルヴェーダに出会えて、自分と繋がる選択をして、誰かをも幸せにしていくことができるのだろうなと思います。

こうして学ばせていただいていることが、本当に有り難いなぁとしみじみ思います*
引き続きライフ講座とファンデーション講座を通して
アーユルヴェーダの奥深さを自身で掘り下げていきたいと思います。


Foundation 講座の課題シートへの記入が終わりました。
用紙に書ききれないほどのアーユルヴェーダを役立てられるであろう場面や、自分の生き方について考えるよい時間を過ごしました。


物事に対しても〝 食 〟から繋がっているのか、丁寧な生活を取り入れられるようになりました。

自分の優先順位を考えたり、頭の中も整理整頓できるように。例えば、これをやったら無駄なエネルギーを使うから今はやめて明日にしておこう、とか思ったり、いい意味でグランディングできるようになりました。

先のことを考えて、その場だけの判断で行動しなくなりました。いまだにそれは続いており、なるべく心地よい生活ができるように日々研究している感じです。 身体が整うと気分も上がっていくので、繋がっていることをとても感じました。ここでドーシャとグナの関係がより体感できました。これをきっかけに、アーマパーチャナはたまに自分をクレンジングしてあげることでより自分をひと段階あげて、整えてくれる感じがするので、また時々やっていこうと思いました。 なかなかトライできていなかったので、今回はとっても良かったなと満足しています



受 講 期 間 料 金

>> 3 ヶ月

¥57,000 –

― 講 座 へ の お 申 込 み ―

* 決済完了後、専用フォームへと進みます

・・・・・・・・ 収 録 概 要 ・・・・・・・・

WEB テキスト / PDF データ資料ダウンロード
各実践式課題ツールのダウンロード
専用講義動画 25 時間分のダウンロード
個別ライフヒアリング
など



受 講 の 流 れ

1 ,
お申し込み後、Mail アドレス宛へ講座案内と各ツール一式をお送りします

2 ,
受講開始日以降 ~ 課題のご提出、質疑応答等承ります
各ツール( テキスト・動画等 )は申込み直後より活用いただけます

3 ,
課題の受領は 3 ヶ月以内となります、全提出をもって修了証を発行いたします

4 ,
個別ヒアリング ( 60 分 ) は
受講期間終了時、課題提出後に実施します * 任意

5 ,
期間後も各ツールは無期限にて活用いただけます



ア ー ユ ル ヴ ェ ー ダ を 学 ぶ 末 に
ア ー ユ ル ヴ ェ ー ダ が 要 ら な い 人 に

自分のためにアーユルヴェーダを学ぶ人の最終目的は
アーユルヴェーダの〝 学び 〟が要らなくなることです。

本来私たちは、学びや気づきを〝 全瞬間 〟で得られます。

そうした創造的な思考と実用的な感受性の土台のために、ファウンデーション講座があります。

当講座は
2016 ~ お料理教室や Ayurveda Holistic 基礎講座、WS 等プラクティス内で
実際に受講者様とのディスカッションを重ねるなか見えてきた「 本当に必要なこと 」を軸に細分化かつ要約しています。

どこを切り取っても【 日常的な応用に繋がること 】を修得いただけます。

E p i s o d e
[ 生きるほどにラクになっていい

もうアーユルヴェーダなんて大嫌いだ! ]

アーユルヴェーダ省察プラクティショナー  Kaori