Ayurveda Foundation 講座
 ― 基礎理念の修得 ― 

〝 土台は揺るがない 〟

アーユルヴェーダの見方捉え方・基礎理念を
徹底的に分かりやすくかつ詳細にわたって修得。

解釈しやすいデイリーな題材と絡めて
アーユルヴェーダの原理原則を紐解きます。

専用のテキストと講義動画を収録し、
必要に応じて何度でも土台を柔軟に、強固に。

―――――――――――――――――

Ayurveda の基礎理念を細かくかつ分かりやすい視点で記した
専用テキスト / WEB版&PDFデータ( 97ページ )

体質診断 / 実践項目 / 専用課題等をまとめたシート付属
カリキュラム専用講義動画 / 約 20 時間分収録
個別ライフヒアリング / 60 分( On Line or 対面 )
基礎理念修得の修了証
2022 年開催予定[ Ayurveda Pro Line 講座 ]への受講権

* Ayurveda Holistic 基礎講座での講義編内容
調理編の基本ガイドラインを網羅

O j a s 生成プログラム
 ― アーユルヴェーダレシピの実践 ― 

――――――――――――――――

〝 普通であることが、一番特別 〟

日々の食事と暮らしに直接的にはたらきかけるプログラム。

アーユルヴェーダ初心者にも手軽なレシピと、
日々の献立に必要なアーユルヴェーダ的食材一式をキットにてお送りします。

体質や消化力のセルフチェックツールを含み、
一定の期間かけてアグニ( 消化力 )を整え
オージャス( 活力素 )の生成を体感する機会に
お役立てください。

―――――――――――――――――

穀物ブレンド(米)/ダル(豆)/ パンチャナッツキット
/ オリジナルスパイスブレンド各種 / 自家製 Ghee(ギー)
/ シーズナルハーブティブレンド / ミネラル塩 など

シンプルなアーユルヴェーダレシピペラ&レクチャー動画
個別ライフヒアリング / 60 分( On Line or 対面・任意 )
食事や暮らしに対するタイムリーな質疑応答

Ayurveda Life 講座
 ― 自分と遊ぶ・アーユルヴェーダライフへの接続詞 ― 

〝 自分と遊ぶ 〟をコンセプトに、
自分らしくアーユルヴェーダを取り入れ、
またはアーユルヴェーダ的視点から自分らしさを拡大させ根付かせていくカリキュラム。

アーユルヴェーダの原理原則をベースに、
自分と向き合うこと、
現代において時間や関係性をいかに営むか、を明確にしていきます。

アーユルヴェーダの原則 × 自分事として解釈する特別版テキスト
/ WEB版&PDFデータ( 102ページ )

体質診断 / 暮らしのなかでの実践項目
/ 専用課題等をまとめたシート付属

On Line での定期 MTG 参加権( 10 ヵ月間 )
個別ライフヒアリング / 60 分( On Line or 対面 )

>>  個 別ラ イ フ ヒ ア リ ン グ に つ い て  <<



2016 年 ~ 、
匠と過ごした時間から知り得た様々な原理原則。
健やかさな身体と精神は同時に造られるということ。

以降、今日まで東京都内で暮らしながら
日々継続し根付かせて良かったと腑に落ちていること。

これまでの対面プラクティスで
受講者様から寄せられた体感や

その後の実際のフィードバック等も含め、
ヒントとして要約し
それぞれのコンテンツに反映しています。


― Ayurveda Life 講座  ―
定 期 MTG ダ イ ジ ェ ス ト Ver ,
>> タ ッ プ し て 視 聴 い た だ け ま す

[ 自分という人間が抱く感情と
現実として起きている人生と ]



[ かわいらしいお話 × アーユルヴェーダ ]



[ アーユルヴェーダ × 自分 × 日常  ]



[ 人生にあるのは
静寂なるときと
心躍るとき  ]




― Ayurveda Foundation 講座 ―

講 義 収 録 ダ  イ ジ ェ ス ト Ver ,
>> タ ッ プ し て 視 聴 い た だ け ま す

[ ファウンデーション講座? 動画収録の背景 ]



[ ファウンデーション講座はどう学び進めると良い? ]



受 講 者 様 か ら の お 声


9 月にオフライン版の講座を受講する予定でしたが、
昨今の感染症の拡大を受けてしばらく遠征は難しいなと思っていたところ、今回オンラインでの講座を開催されるとのことでとても楽しみに待っていました。 



私は中学生の頃から、なぜ人は生きて死ぬのだろう。

なぜ苦しんだり争いをするのだろうと子供ながらに悶々としているところがあり、心理学を独学でゆっくり学んでいました。
将来的には〝こころ〟に携わる仕事に就きたいとおもっていましたのですが、心理も奥が深く具体的に「何を?」というのがなくダラダラと遠回りしていました。
本当に色々とあちこち手をつけては「何かが違う」と思いながらも、自分の無意識にある感情を見てあげる事が出来ず今まで来たのですが、最近私のこころはやっぱり人間のダルマやカルマ、教えを説いているブッダの言葉などを人に伝えていきたいと思っていて、それは昔から変わることのない私の真実でした。
それがアーユルヴェーダにも集約されていて、食もあらため昔から伝わるこころのあり方についてもっと勉強したいと思っています。
そう確信をついたのがつい1週間前くらいのことでして、自分のこころの赴くままにと思っていたので香織さんから送られてきたメッセージは引き寄せられたご縁だと思い、今回講座に申し込みさせていただきます^^改めて、ご縁をありがとうございます。



アーユルヴェーダライフ講座の動画視聴 & テキストをゆっくり読み始めました。

動画を見ている時間はとても穏やかで、かおりさんの素敵なところやアーユルヴェーダの知恵がたくさん含まれた内容で何度でも見返す永久保存版ですね!
また、アーユルヴェーダお便り内のおしんさんの推薦コメントも拝見しました。
お2人ともひとつひとつに愛のある言葉で、愛し愛されている事が伝わってきます^^
今この時代だから、昔の人の知恵が必要 → 原点に還ることがとても大切ですね。



アーユルヴェーダライフ講座開講ありがとうございます。
少しずつ自分のペースで始めていきたいと思っています。

基礎講座を受けてあの 5 日間を過ごし、少しずつですが考え方や感じ方が変わってきているように思います。
同じ日常なはずなのに…「〇〇しないといけない」を辞めただけで、日々の生活がとても楽しくなりました。今の環境にある事柄を続けながら、自分の描いている未来も少しずつ見え始めてきています。
色々なご縁にも恵まれて、仕事でもプライベートでも沢山お話しをさせていただく機会をいただいていて、もちろんアーユルヴェーダのエッセンスも織り混ぜながら、ひとつひとつ丁寧にお話ししていきたいなと思っています。



ライフヒアリングでお顔を合わせながらお話しさせていただくことができ純粋に嬉しくて、とても有意義なじかんとなりましたこと感謝致します♡
ほんとこのご縁がより嬉しく感じられた瞬間でした。
Ojas キット楽しみにしてますね♩



ライフヒアリング、ありがとうございました。

目からうろこな事&やっぱりそうか!とういう事がはっきりし、すっきりしました。
お話し聞けて本当に良かったです。

そして、かおりさんがとても素敵で、さらに安心してお話しできるなんて。
本当にお会いできてうれしく思いました。



かおりさん、本日はありがとうございました。

キットが届くの楽しみにしています。
作る楽しさもあります。
どう、体も心も変わってくるのか、楽しみです。



〝 変化を起こし状況を変える 〟

ヨガとアーユルヴェーダによって自分の人生の再編成を始めた頃、匠が示す教えの一つにこの概念がありました。
状況を変えるには、自分の内側からの変化を起こすことが重要ということ。
身体と心の状態を真っ直ぐに観察し、受容できたうえで不要を除き必要を取り入れる。
_このような自然由来のサイクル・真実の循環には一定の原則があり、やみくもにやっていては難しいいままに終わるも、〝それ〟を日々用いることで「内側からの変化」と「外に起こる変化」とが展開し始めるのを実感しました。
反対にそうでなかった頃には、まるで既知の習慣にしがみつき、表面的な安全を求めて自分は何もしないことを望んだりもしました。
しかし、一度歩み出した道のりは「自分でない他のモノ・コトを真実以上に大事にしようとするほど、自分を信じてやれないのは何故なの?」と問いかけるのでした。

「 変化 」を阻む「 怠惰 」の本質

そう遠くない過去、私自身が人生で最大の学びとなる機会を得たとき、当時自分が本当の意味で変容を迎え入れるにはあまりに怠惰であることに気づきました。
自分についての〝真実〟を目の当たりにしたとき、それに呼応し飛び込むだけの勇気、自己信頼が欠如していたのです。
その心の奥底に在る恐怖心や古い残像を取り除き、そのうえで自分に誠実で在るために、もっともっと後にまで〝続く〟実践を試みる必要がありました。
このような歩みは、まず第一歩が一番大きな可動力を要し、錆びついていた部位を滑らかにするごとく、都度着実な観察と実行とが大切でした。
そんななかで、自分にとって〝本当に変えるべきものが何であるか〟に気づいたのです。

この講座を通してあなた自身の健やかさが明らかになり、毎日を自分とともに歓喜に満ちたフィーリングで歩まれていくことを願っています。


アーユルヴェーダ省察プラクティショナー  Kaori

 

[ ご利用規約

 

ツールバーへスキップ