太る恐怖 痩せたい執着に終わりを告げる

おはようございます
間もなく 12月ですね

2019年のこの締めくくりで
私は、この一年に起きた多くの恵みを糧に、
より自分の健康力、直観力、受容感を大きくしようと決意しています

そう。
人生は準備と決意と手放しの連続であるということ

2020年
より自分自身が拓いていくことを通して
この地域へも光が増すであろうと、ひしと感じています

これまで出逢えた皆さま、
これから出逢っていく皆さまに益々のサットヴァ、愛が届くように



太る恐怖

痩せたい執着に終わりを告げる

アーユルヴェーダの実践では、内側からの解毒が起こります。

慢性化した乱れや不調の根源が鎮静し、表面的にもそれらによるクリア感が現れます。

ここへ、「痩せられるか」「もう太ることはないか」などと期待を寄せる人も少なくないようです。
または反対に、それらの執着に終わりを告げるべくアーユルヴェーダへの歩みを始めるという人もいます。

太ることへの恐怖心

太ることへの恐怖心は、
自分がこの世においてすべてのものに
「圧倒」されている状態を表すのではないでしょうか。

私たちは本来、自分自身との信頼感や安堵感を根底に築くうえで生きることができます。(そうでないと、生きにくいですよね)

心、意識が外界に向かい「認められたい」「愛されたい」と求めるとき、執拗以上に自分自身を裁き、評価をし始めます。

そこにある真の目的は「理想の体型」ではなく、「理想の愛」なのではないかと感じます。

実際、過度の恐怖心や心配ごとはヴァータドーシャを増大させ消化力を弱くします

また、それによって未消化物も形成されやすくなります。

自分の意志が、身体の作用を抑制し弱めていく状態です。

痩せたい執着

自分と他者とを比較して、「ああいう体型になればきっともっと愛されて、幸せになる」という妄想を抱く。
‥このような思想に行き着くのは、メディアやその他の表面的な情報に操作され自分を見失っている状態です。

かつて、衣類産業と食物産業が手を組んだ際にイギリス系のスキニーな体型のモデルが起用され、洋服の「見栄え」を重視した戦略が始まったといわれています。
食物産業のイメージと収益アップのために、細いモデルは「サラダやスーパーフード」を主食だと謳いまたそれを取り入れたでしょう。
結果、私たちはどこかで「美」=「スリムで魅力的な体」=「愛される」と誤認するようになりました。

実際、細い体だからといって それが幸福ではありません。

当時は、細い体に衣類を着せて歩かせるということが商業的に主流であっただけなのです。

「部分」でなく
「全体」を見れる目を養う

自然界の要素から人間の肉体ができていることを見ると、
この世界には様々な個性があることが分かります。

・空と風の要素を持って生まれた人は基本的な土台が薄くて軽い傾向にあります

・火と水の要素を持って生まれた人は基本的な土台が中くらいの傾向にあります

・水と地の要素を持って生まれた人は基本的な土台が大きめの傾向にあります

この個性を無視して「細くなりたい」とそれだけが正解かのように自分自身をそこへ宛がうのは、自分の個性、本来の形を無視していることになります。

また「食べること」へのコントロールが不能であるというのは、そのまま自分自身へのコントロール不能を示し、自分が社会や人間関係、自然界から切り離されていると感じているのではないでしょうか。

人生に根差して生きる、自分自身に信頼を寄せるにはたった一つ、「本当に大切にする気持ち」を持つことです。

いつも良くないやり方で自分自身を傷つけてしまっているとしたら、これまでに自分の横を通り過ぎた人たちを想い、今この瞬間に生かしてくれている大地を想い、〝それ〟を大事にしてみてください。

誰か一人、何か一つだけでも〝本当に大切にすること〟を決めてみる。

「何か別のものになること」よりも
あなたがあなたとしてただ存在し、
今すでに周りに存在しているものと真摯に向き合ってください。

そうしたときに初めて、
あなたが本当に求めているもの

「愛」がそっと内側へ芽生え、
愛し 愛されるという循環が始まります。

変化は急には起こりません。
過程の連続で少しずつ、確かに変化していきます。
その方向性は、今この瞬間にこめるエネルギーが影響します。


自分に微笑みかけれますか

「自分が深刻になっていることに気づいたら、自分にスマイルすること」
と匠マイラは云いました。

事あるごとに自分を罰するのではなくて、
自分を優しく律せるようであること。

それが自分自身に出来たとき、
初めて誰かにもそれができるようになります。

自分を甘やかし放題にして放っておくんではなくて、
自分自身を楽しめるようであること。

世間的に示されている価値観や基準値、
大多数のイメージに振り回されなくなったとき
初めてあなたの一番近くで – 内からの癒しと幸福が起こります

人生はもがき苦しみ囚われるためだけでなく、
すべての過程で 発見や楽しみを見出すためにあります

抵抗していることに気づき、
降参し、受け入れることによって、私たちは最も大きな変容を得るのです



自分らしい体型に出逢う方法

アーユルヴェーダ的観点から、
自分らしい体型と出逢い、それを築き上げるヒントをいくつか挙げます

自分の体質を知る、そのうえで評価をしない
お腹が減ったら食べる、減ってなければ食べない
食べる物があるという有難さを認め、ないがしろにしない
最善の健康法は「散歩」
最善の食事法は「集中」
最善の実践法は「愛情」

査定したり評価したりする思考がやまないのなら、
それはいつかどこかで「すりこまれたもの」と認めてください

本当の自分が下している思考ではありません

感情から逃げるために
食べたり飲んだりすることをやめてください

そのたびに自分自身との信頼関係が傷つくことを知ってください

食べ物があるのが当たり前な国ですが、
それが当たり前ではないことを知ってください

自分が食べ物にむさぼりつき、
そこから慰めを得たいのだという事実を認めてください

そうすれば慰める方法は他にあることに気づきます

過激なことをしないと認められないという
罠に引っかかってはいけません

単純なことを楽しみ、
何でもないことにも新しい目線で向き合える自分を育ててください

食事中はそれを「自由に」取り入れ、
そしてまた「自由に」与えることを誓ってください

独占しようとしたり、物惜しみをしないでください

何かを本当に大切にできる自分で在ってください
あなたの癒しはその周りの癒しに、
あなたの幸福があなたの周りの幸福になります
あなたが不幸でいる限りは、あなたの周りも皆不幸です

>> 健康のためにやめた「健康法」


アーユルヴェーダ省察プラクティショナー
k a o r i

関 連

  1. 身体のバランスを整える「アーユルヴェーダ料理」とは

  2. 食べ方は変化していますか

  3. -レシピ-アーユルヴェーダパン

  4. 【Ayur Yoga】春に向かう体にエネルギーを巡らせる

  5. 1ヶ月のヨガ留学 劇的な体の変化 ②

  6. Ayurveda Holistic 基礎講座 / 第三章【水…

最新記事 おすすめ

ブログ 購読

ツールバーへスキップ