■ 03 .
~ 体と心が本当に求めていた場所を知る ~
・内から起こるべき変化の意味が自分で分かるようになる

・・・アーユルヴェティックな食事と暮らしにシフトして 2 ~ 3 年が経ちました。

(中略)

微細な実践事項から、着実に体と心がラクに生きられるスペースで存在するようになりました。・・・

またこの頃から Ananda でのプラクティスが少しずつ活性化してきました。
私が何かを「難しい」と感じるシチュエーションは、決まってそれが自分自身の固定概念によって制約が設けられるときでした。

企業勤めと並行して Ananda でのプラクティスを行っていると当然、時間の使い方が肝心になるわけですが、日々のタスクとして〝この時にこれ〟〝この合間でこれを〟というようにテンポが進むも、自分が企業勤めというオプションを手放せないばかりに〝もっとこうしたい、そのための時間〟を充分に確保できない、と考えることでした。

ベストを尽くすも、これがベストなのかを考え続けた結果、すべての瞬間が私自身のプラクティスだと理解するようになりました。



お便りご購読後にエピソード全文を閲覧いただけます


価格:7,800 –
内容:全 6 話分 WEB テキスト・全 11 話分動画



【 エピソード 03 , 目次 】

~ 体と心が本当に求めていた場所を知る ~
・内から起こるべき変化の意味が自分で分かるようになる

~ 食物と食べ方と暮らし方と心の置き方 ~
・基礎体温 1 ℃上昇、便秘完全改善、肌質の変化、など

~ 定着した「自分らしく暮らすこと」の色・形 ~
・日本、東京でこそやる価値があると実感したこと
・アーユルヴェーダと出逢って 3 年頃に定着したこと

~ 原因と結果の統合から新たな変容へ ~
・トラウマとの衝突、自分自身との戦いを経て訪れた静寂の間

~ 喜んで失敗すること ~
恐れを手放すことで抑制していた自分自身を開放する


【 アーユルヴェーダライフ動画 03 , 】
画 像  ク リ ッ ク で サ ン プ ル 動 画 を視 聴 い た だ け ま す


・・・

「アーユルヴェーダお便り」は、慢性的な不調 – 未病状態から約 10 年、アーユルヴェーダと出逢って 4 年かけて今日の「自分らしい心身」を築くまでに辿った経緯を総体的に綴ったコンテンツです。
アーユルヴェーダと出逢ったときに何から始めたか。
無意識な習慣の何からやめていったか。
その過程で起きた体と心の微細な変化と揺れ、本質的な変容。

これまでブログ記事やインスタグラム投稿には書ききれなかった全容、各出来事での「前後」のことや、「背景」にあった動機、毎日続けた「行為」をひとまとめにしました。

・・・


ツールバーへスキップ