_ 身体も心も空っぽな日々から一つひとつまた拾い集めるように自分の再生を試みた日々がありました。
_ やがてヨガ・アーユルヴェーダと出逢い、息を吹き返すように生きた備忘録を、今ここに記します。

傍目には「普通」に見えても本調子ではなかった長い期間。

アーユルヴェーダお便り」は、慢性的な不調 – 未病状態から約 4 年かけて「今日の自分らしい心身」を築くまでに辿った経緯を総体的に綴ったコンテンツです。

アーユルヴェーダと出逢って、実生活で「何から始めたか」。
無意識な習慣の「何からやめていったか」。

その過程で起きた体と心の微細な変化と揺れ。・・・

これまでブログ記事やインスタグラム投稿には書ききれなかった「全容」、それぞれの出来事での「前後の繋がり」や、「背景にあった動機」、「行為」そのものをひとまとめにしました。

「アーユルヴェーダという、自然由来の原則を現代に落としこんで生きる」とはどういうことか、

「人間としての本来の力、身体 – 心を取り戻すことの可能性」を照らし出したものになっています。

これから、アーユルヴェーダお便りのコンテンツ内では
アーユルヴェーダ - 私 の側面から、
今こそお伝えできるお話を綴っていきたいと思います。

「部分」ではなく「全容」のこと、
体質改善が内側から起きていった
約 4 年前 ~ 今日までのことです。

これまでもブログ記事やインスタグラム内で
アーユルヴェーダの考え方や私的な実践内容、
体質や心の面での変化 - 緩和についてお伝えしてきましたが、

実際には、
【綴り切れないでいたこと】
-【実践ごとの背景にあった変容過程】が多々ありました。

・・

– – – – – – – – – –


〝 一
番 近 く で 
        幸 せ に な る 〟

い つ の 日 か ら か 生 じ た
大 き な 怒 り と 底 知 れ ぬ 恐 れ 。

見 え な い 矛 盾 と 渇 望 。

競 争 心 や エ ゴ に よ る 逃 避 と
自 己 顕 示 欲 に 振 り 回 さ れ る 心 。

行 き 場 の な い 心 は
無 謀 な や り 方 を 繰 り 返 し て
世 界 を 征 服 し よ う と し た 。

力 が な く な れ ば な く な る ほ ど 
物 事 を 、人 々 を 押 し の け て、
自 分 自 身 を 切 り つ け た 。

そ の や り 方 じ ゃ あ
簡 単 な こ と さ え も

も っ と 複 雑 に し て い っ た。

自 分 が 何 だ か 、
世 界 が 何 で あ る か が
わ か ら な く な り 、

そ の 場 は す べ て
困 惑 に 満 ち る 一 方 。

破 壊 し 尽 く し て
も う 壊 す も の も

触 れ る 隙 の あ る も の も
な く な っ て い っ た と き 、

初 め て
内 側 に 目 を 向 け て み た、

自 ら の 心 を 開 き 、
そ こ で 起 き て い る こ と を
見つ め た と き、

な ん だ か 分 か ら な い け ど
も っ と 違 う や り 方 が あ る 、
そ ん な 気 が し た 。

・・・も う 、 何 も な い 。

残 さ れ て い る の は
「 今 」 だ け 。

今 か ら 、 ゼ ロ か ら 、
始 め て み よ う。

そ う し て、
少 し だ け 残 っ て い た 

純 粋 な 私 と
小 さ な 気 持 ち が
動 き 出 そ う と し て い た 。

“ こ れ ま で と 違 う や り 方 で  ”

そ う 試 み た 日 々 は 孤 独 で、
と て も 静 か だ っ た 。

時 の 流 れ が ゆ っ く り、
徐 々 に 明 る く 、

度 々 無 の 空 間 が 訪 れ た 。

独 り き り で 過 ご す 時 間 の な か 、
詰 ま り き っ て
身 動 き が 取 れ な かっ た

「 私 」が 始 ま る 感 覚 が し た。

・・・

「 一 番 近 く」に い る、
「 自 分 」と。

こ こ で 、
幸 せ に な ろ う と
決 め た と き が あ っ た 。

幸 せ で 在 ろ う 、こ こ で 。

心 に そ う 誓 っ た 。

自 分 自 身 を
置 き 去 り に す る こ と な く 、

幸 せ に な ろ う 。

– – – – – – – – – –


食事 暮らし ライフスタイル
‥「 関係性 」 のすべてについて

アーユルヴェーダお便りには、各エピソード内にテキストと動画が掲載されます。 動画はエピソード 01 . 以降 ~ 掲載

・テキストは体質改善 – 変容の道のりを軸とした内容です
4 年間にわたる体質改善の道のりとそれに至る “ 以前 ” の話も含まれます

・動画は日々の食事レシピ実演動画やセルフケアを収録します
各章ごとに、下記テーマに沿ったお話もします
-「私にとって、
体質改善とは」
-「3,000 円の焼き芋」
-「砂糖に酔った日」
-「夜の待ち合わせは鍼灸院」
-「世界との闘い」
-「100 問 100 答」
ほか、リクエストに沿って随時内容が変更される場合もあります。

コ ン テ ン ツ 目 次

お便りの全内容は、私個人の実体験を書き記したものであって、実践事項等は必ずしも全員にとって寄与できるものではありません。
“アーユルヴェーダを直接的なものに感じ、自分の暮らしに活かす”という視点から皆さまへ役立てることがあれば幸いです。

アーユルヴェーダお便りは、以下手順に沿って購読者様へ配信されます。

– – – – – – – – – –

プロローグ ~ エピソード 01.
 全 Ananda 購読者様へ順次配信されます。(フリー)
01. 配信予定日 >> 2020 . 5 . 11 ~ 順次

②  エピソード 02. ~ 05.
専用フォームをご登録された購読者様にのみ配信されます。(有料)
お申込みは エピソード 01 , 配信時とともに受付開始します
配信予定日 >> 2020 . 5 . 20 ~ 順次

【 全編を購読する 】
・エピソード 01. 内 最下部にあるフォームよりお支払完了後、全編閲覧に必要な【 購読者限定パスワード 】を送付いたします。そちらのパスワードを入力いただくと、02, ~ 05, 全テキスト&動画を閲覧いただけるようになります。



– – – – – – – – – –

00.
【 プロローグ・私にとってのアーユルヴェーダ 】

~ 本質的に起こる体質改善 ~
・体質改善って、どんなこと?
・現在の私にとって、生きることとは

~ 今なら、振り返ることができる ~
・すべての物事には必ず適した時期というものがある

~「超」未病状態で身体も心も痛かった ~
・生まれてから一度も「真の健康」を
経験したことがなかったという事実

~ 生後からの健康状態時系列 ~

~ 自覚のない未病 ~
・本当はずっと願っていたこと

~ 自分の健康状態を知る第一歩 ~
・思っていたよりも、執着は根深い

– – – – –

01.
【 アーユルヴェーダな暮らしって何? 】

~ アーユルヴェーダと出逢ってまず初めにしたこと ~

~ マイアーユルヴェーダ期間 ~
・アーユルヴェーダに出逢うもっと前の、パリピ期間

~ ヨガ、(そしてアーユルヴェーダ)
・散らかすだけ散らかした後に

(ヨガ、)そしてアーユルヴェーダ ~
・五感で感じる自然由来の暮らし方

~ 一か月間のヨガ & アーユルヴェーダ ~
・知らない自分、懐かしい自分

~ 滞在中のスケジュール・一日の過ごし方 ~

~ アーユルヴェティックな暮らしから
実際に体感した変化 ~

・体と心の毒が抜け落ちた結果

~ 一か月間の留学から帰国後、まず初めに行ったこと ~
・買ったもの、取り入れたこと、やめたこと

アーユルヴェーダライフ動画 01.
「私にとって、体質改善とは」
「毎日の身体をつくるキッチンのご紹介」

– – – – –

02.
【 不要な執着を緩和させる地道な過程 】

~ 古い習慣に呼び戻されそうになったとき ~
・迷ったときの心境とその対処の手立て

~「新しい自分への期待」と
「古い自分に戻ることへの恐れ」~

・甘いものへの依存、外食を懐かしむ動機を見つめて

~「あとどのくらい、その結果が欲しいか」~
・毎日の自問自答、毎日の修養

~ フォーカスする先はいつも「同じ」。
そのために「多方面」から見つめる ~

・ヨガとアーユルヴェーダが人生に反映される過程

~ 動機が分かれば対策が見つかる ~
・目を背けたままでは変わらないこと

~ 自分を大切にすることとは ~

~ アーユルヴェーダを軸とした
アーユルヴェーダシェフトレーニング ~

・ヨガ留学から 1 年後、再びハレプレへ

アーユルヴェーダライフ動画 02.
「今日のアーユルヴェーダご飯 」
「3,000 円の焼き芋」
「砂糖に酔う日」

– – – – –
・ 

03.
【 体と心が真に求める場を知り続ける 】

~ 肌質と排泄が整い、基礎体温が 1℃上上がった ~
・内側から湧く本当の自分らしさ

~ 食物から身体が、心がどう変わるか ~
・食物だけは健康にならない

~ 定着した日常でのルーチン・概要 ~
・日本 – 東京の中心でこそ続けたい

~ 原因と結果 ~
・なぜ変わりたかったか、変われたか

~ 失敗もあった方がいい ~
・自己観察がすべて

アーユルヴェーダライフ動画 03.
「今日のアーユルヴェーダご飯」
「夜の待ち合わせは鍼灸院」

– – – – –

04.
【 アーユルヴェーダレシピが本当に役立つとき 】

~ 本当の自分らしさを模る食事と暮らし ~
・関係性が見えてくる

~ アーユルヴェーダレシピが本当に役立ったとき ~
・なぜ健康になりたいかの答え、
基礎講座とヴォーカリストオーディション

~ 自然のサイクルで「選ぶ」~
・体と心で何をするか

~ 健康で過ごせる時間が長くなる ~
・今の私にフィットしていること、一日の流れ

アーユルヴェーダライフ動画 04.
「アーユルヴェーダ的セルフケア ① 」
「世界との闘い」

– – – – –

05.
【 アーユルヴェーダが教えてくれること 】

~ 満たされた命が関係と環境と人生を創る ~
・自分らしさが分かって初めて見えること
・パートナーとの関係性、これからのこと

~ 終わりに ~

アーユルヴェーダライフ動画 05.
「アーユルヴェーダ的セルフケア」
「 100 問 100 答 」
いただいた質問へ動画内で回答します
皆さまのご質問をぜひお寄せください
アーユルヴェーダのこと、その他なんでもお気軽にどうぞ。

– – – – – – – – – –


〝 アーユルヴェーダとは 〟・・・

アーユルヴェーダに、
そしてアーユルヴェーダお便りに興味を持っていただき、ありがとうございます。

今このタイミングで世界最古の生命医学に関心を持つのはとても有意義な導きの現れです。

アーユルヴェーダは、WHOでも認定を受ける最も古い自然由来の科学です。

アーユルヴェーダは、その昔、「人々は皆どうして病気になるのか」と賢者たちによって人々のために編み出された「生きるための知恵」です。

アーユルヴェーダは、自然の摂理に沿って – それらを解き明かした教え(知恵)で、故に人体の仕組みを総体的に – 細部にわたって捉えています。

アーユルヴェーダの目的は、病気や不調に痛み苦しむ人のそれを根源から取り除き、健康な人のさらなる健康を促進、維持へと向かわせることです。

「人々のため」に在るアーユルヴェーダ(自然界からの教え)は、私たちの本来のバランスのとれた状態を目指しています。

5000年以上かけて今日まで継承されているという点だけとっても、いかにアーユルヴェーダが「普遍的」=自然界のありのままを説いたそれであるかがわかります。

アーユルヴェーダは、確かに、
これまで人々の手 – 口 – 耳によって創意工夫をもって今日まで継承されてきました。

それらは【自然界に沿ったもの】であるからこそ、人々の – 何かの都合によって進化も退化もすることなく、確固たる力を人々へ与え続けます。

その、とても深い叡智と慈悲への解釈は今現在も研究 – 解明が進められていますが、

これらのすべてはその人類の状況と環境下において寄与されるものであるからこそ、

時と場合によって解釈のされ方や扱われ方に多少の相違が生じるのもの事実で、だからこそ、「原則」をもってして各々が理解と実践とを継続する必要性があります。

アーユルヴェーダはいいます

幸福な人生とは、不幸な人生とは
有益な人生とは、無益な人生とは
身体と精神の健康とは、不健康とは ‥‥

アーユルヴェーダは、自然界の摂理を活かした様々なツールによって人々を「治癒」します。

元々心身が持ち合わせている治癒力を引き出し、高め、鎮静し、ひらいていきます。

突発的で一時的というよりむしろ持続的で、安定してそれらを整えるやり方をとるのがアーユルヴェーダです。

アーユルヴェーダはそうして、個々の状態に寄り添った知恵としてその人が心地よく過ごせる時間 = 健康寿命を支えます。

そのため前提として「体質(ドーシャ)」や「アーマ(未消化毒素)」等を鑑みたうえで、個人にとっての最善のルートを導き出すのです。

アーユルヴェーダが推奨する治癒法 – 事柄の一例です

・体質に見合った、消化に良い食事、治癒 – 代謝力を高める食事
・身体のセルフケアが伴う毎日の暮らしのルーチン
・人生で健康で過ごせる時間を長くするためのセルフケア
・内臓 – 神経系の働きを改善するスパイス – ハーブをつかったレメディ
・全臓器の浄化と鎮静、回復を目的としたパンチャカルマ
・アヴィヤンガマッサージ、シロダーラ
・強壮療法
・アロマテラピー
・ヨガアサナ
・メディテーション

など

– – – – –

上記は「アーユルヴェーダのこと」のほんの一部です。

アーユルヴェーダには、知っておくと暮らしや人生において役立てれることが多くあり、

また今後 – 何年か経ってからその時初めて助けとなるものもあります。


アーユルヴェーダお便りが誕生した経緯
「アーユルヴェーダ・ヨガでどんな変化があったのですか?」