-レシピ- 【 万能オイル ギーの作り方 】

アーユルヴェーダに関心を抱くとまず、
自分のドーシャ
と同じくらい「 ギー 」に興味を持つ人は多いのではないでしょうか?

ギーの効能は様々ありますが、
もっとも優れたその役割は 生命力を高めること です。

毎日使う油をギーに変える、
それだけでも身体の感じ方は大きく変わっていきます。

【効果実証済】中性脂肪数値が半分以下に落ちる食事
【効果実証済】慢性的便秘(下痢)を解消させる食事




ギーを作るのは簡単

必要なのは無塩バターと鍋と、濾すもの。
それと愛情です。

今は市販でも入手できるようですが、
古代からの智慧では
“ 手作り” する方が圧倒的にサットヴァ( 光 )で
素晴らしいギーを味わうことができます。

– レシピ –
万能オイル・ギーの作り方

– 用意するもの –

無塩バター
( オーガニックバター、グラスフェッドバターであればなお◯ )

バターに対し 1 . 5 倍くらい大きい鍋
( 大きすぎると火が強く通りすぎる、ジャストだと吹きこぼれる可能性あり )
( ステンレス製もしくはガラス製 – テフロンやアルミ加工のものは避ける )

こすもの
( 茶漉しやコーヒーフィルター、ガーゼなど )

耐熱性保存ビン
( 清潔に洗ったもの )

愛情、感謝の心

– 完成までの工程 – ギーは完成までかき混ぜたりする必要はありません
バターが反応し変化するそのままに任せます

 バターを鍋に入れる
中 ~中弱火にかける

冷蔵庫から出したバターは
特段 常温に戻しておく必要はありません

バターに手が触れないよう気をつけてください
火が強すぎると焦げの原因になるため中 ~ 中弱火

ガスコンロの場合には
鍋が熱くなりやすいため
【 弱 ~ 中火 】が基準となります

 慣れるまではしっかり過程を見守りましょう


 バターがどろどろに溶けて
“ ボコ ” と大きな泡が出てくる

どう反応しても調理器具などは一切入れない
鍋に何も入らぬよう配慮する
鍋から吹き出そうになったら火を弱める


「 ボコボコ 」
→「 パチパチ 」に変わり泡がたくさん出てくる


 10 ~ 15 分ほど見守る
色が明るくなってくる


 泡が小さく
「 シュワシュワ 」した音に変わる
終わり

全体的に細やかな泡に変わり、
音は小さく「 シュワシュワ 」になる

泡やアク状に浮いているものの下が
 黄金色になっているのがわかった時点で
火を止めてコンロから降ろす


 温粗熱がとれたら
ろ過して
ビンに注ぎ入れる621625

この写真は 2016 Hale Pule ヨガ留学時に匠マイラよりギーの作り方を教えてもらったときです

大きなボールや鍋などに
ビンを入れておけば注ぐ際にこぼれても安心

( そのまま調理に使えます )

鍋底には焦げのような
「 沈殿物 」がつきますが
これは不純物ではなくタンパク質なので食べれます

冷暗所の保存でほぼ永久的に保ちます
( 冷蔵庫には入れない )
ギーは日が経つにつれ成熟し効能も増して美味しくなります

牛が何をどのように食べて育ったかによって
 出来上がりまでの工程、時間は多少異なります

あたたかいうちは溶けた状態で黄金色ですが、
だんだんと固まって
寒い場所では白くなります

使用時は毎回清潔なスプーンですくい出してください
用途によっては湯煎してから使います


>> ギーの効果効能はこちらから
>> デーツのギー漬けはこちらから



アーユルヴェーダ省察プラクティショナー
K a o r i

あわせてご覧ください

  1. 【 ヴァータ・風の性質 】

  2. 【食材リスト一覧】その食べ物の性質は?

  3. 基本の基本 – その4 -/グナとは

  4. 『 胃を休めたいときはどうする?1日2食はどうか? 』

  5. 身体だけじゃない / キッチャリーがもたらす心の変化

  6. 体に“丁度良い”食べ合わせ / 食物の(副)作用を緩和させる…

最新記事 おすすめ

カテゴリー

ブログ 購読