アーユルヴェーダに学ぶ「パートナーシップ」

パートナーシップを養い関係性を深めるには
お互いのことを受容するまでの理解・解釈ないしは成長へ向かう〝 個の志 〟そのものが不可欠です。

愛は忍耐で在り能動性であり・・・
昔とある本からそれを読み解いたとき、私にとっては繰り返し何度も重ねて、引き離してそれを解消する必要が生じました。

自身がいかに自分本位で
破滅的な態度を過去お付き合いにおいて繰り返してきたかを再び自覚したのです。( ごめんなさい。深く反省しています。)

アーユルヴェーダの観点からすると、「 男性性 」や「 女性性 」への理解を経てパートナーとの関係性は大きく変わるであろう事をこのところゆっくりと体感しています。



アーユルヴェーダに学ぶ

「 パートナーシップ 」

上記から想うのは、
やはり当人同士の健康度合いが、関係性の健康度合いが
肝心なのだということ。

健康でなければ
― 思考が拓いてなければ
― 心がそのままになければ
― 身体が循環していなければ

日々〝 体の調子が悪い 〟だの
〝 心が不安定 〟だので、きっとパーナーシップどころではありません。

ある程度は健康であること
― 思考と精神とが統一されていて
― 心が身体と矛盾なく展開していて
― 身体が快活で過ごしやすいこと

・・・そのために日常的に自分の健康バランスを整えること、
そのうえでのパートナーとの〝 実態ある関係 〟を営むことが大切だと思います。

私は今から 5 年前アーユルヴェーダと出逢ったことで、
アーユルヴェーダによって〝 健康 〟が個人規模に留まらず周囲へと影響していくのを感じてきました。

自分らしい健康に向かうときはまず
自分自身の状態をおおよそでも正確に認識する必要があるように

幸福に向かうときには
互いの状態や相手そのものについてフラットな視点から知ることが必要です。

言葉で云うとなんだかカタいですが、
どうも「愛」は〝 感情 〟だけでは培われないもの。

純質な状態、
つまり明晰さや創造性、そして欠かせないのが能動性。
で、それは健康でないと成せないこと。

相手のため、
じゃなくて関係性のために尽くすこと

と以前匠の教えにもあったのですが、
そのために前提として自分が自分自身で在ることが大切。
で、それは健康でないと成せないこと。

女性性や男性性については
目に見えない微細な領域にまで
私たちはこれらの作用によって生き・生かされていることを知らされる場面があります。

反対に、忙しい毎日のなかで知らぬ間に
自分の女性性をひどく抑えつけたまま過ごしていたり、

または男性性を強く頼りすぎる形で
自らを振舞っていることも往々にしてあるでしょう。

これらはドーシャバランスグナの作用を説いていくことでより解釈が及びますが、こうした〝 偏りのある状態 〟に気づかせ本来あるべきバランスへと立ち返らせるのがアーユルヴェーダやヨガの教えに含まれています。

私たちは、生まれた以上は人間として自然に生きる価値があり、女性としての自分を辱めたり隠したり抑え込む必要もなければ、男性的な振舞をもって強さを必要以上に掲示する必要もないということをここから学ぶことができます。

 

ときどき〝 どのようにして彼とアーユルヴェーダライフを? 〟と訊かれることがあるので、今後少しずつこの側面からのお話も展開できたらと思います。

2016 ~ 2017 年
匠マイラのもとでヨガやアーユルヴェーダについて学んでいる最中、精神的な性質を見つめ説くカリキュラム内において関係性のトピックスが出たとき、私は自分とパートナーとのエピソードを話したことがあります。

するとマイラは
〝 彼は永遠なる自己について知っている人ね 〟と云うのでした。

そうなのです。

私は彼がそのような〝 自分とは違う次元 〟に生きる人であった故に惹かれ導かれ、
そしてヨガやアーユルヴェーダにも出逢ったのでした。

〝 永遠なる自己を分かっている人 〟という意味では
ヨガやアーユルヴェーダを知らずともそのように人生に身を据えている人が、居ますよね。

アーユルヴェーダもヨガも要らない人

【効果実証済】旦那さんの寝起き改善料理
【効果実証済】中性脂肪数値が半分以下に落ちる食事
【効果実証済】中性脂肪数値が半分以下に落ちる食事




Ananda のプラクティス内、基礎講座女性と子どものためのアーユルヴェーダ WS ではアーユルヴェーダやヨガの指し示す女性性・男性性の概念について紐解く場面があります。

月と太陽とが交互に昇るこの自然界ではそれに呼応し合うように女性性・男性性が存在していますから、単に性別的概念としてでなく、精神的なエネルギーとしてそこらじゅうで微細に女性性と男性性は存在しているということ。

身近な例では〝論理的思考〟や〝感情理論〟などという形でも云われてると思います。

女性性と男性性のどちらもが人間としての人生を経験するのに必要な能力であり生命的本能として根付いていますから、考えたいのは今の自分の人生で女性性や男性性がどのように機能しているだろうかという視点です。

男性性が優位となるシーン:
物事を動かす、繁栄・発展させる、論理的観点、決定力、戦略性、損得勘定、強引さ、快楽への渇望、主導権を握る(服従させたい・支配下におきたい)、 等

女性性が優位となるシーン:
物事を感じる、愛で育てる、愛着、愛情、執着、執念、恨み、恐れ、不安、安定への願望、変化に応じない、受け身(主導権を握ってほしい・依存していたい)、等




これまでアーユルヴェーダの学びを通じて当人とその周りへもサットヴァの和が広まったというお声を度々いただいています。

とある受講者様のエピソードでは、
基礎講座修了後、数年ぶりに彼氏ができてその彼は彼女の関心に寄り添い共にアーユルヴェーダに興味を抱いて後日お二人ご一緒にアーユルヴェーダ料理教室を受けてくださいました。
当日はとても熱心にアーユルヴェーダレシピを学ばれて( 前日までに予習もされたのだとか )、後日彼女の仕事帰りにキッチャリーやほか副菜を作って待っていてくれたそうです。( 涙 )
この時のご報告への感動は未だ忘れません。
お二人はそれから入籍し晴れて夫婦となり、可愛いお子様にも恵まれたのでした。( 歓喜 )



[ A y u r v e d a  L i f e 講 座 ]
~ 自 分 と 遊 ぶ ~

アーユルヴェーダライフ講座 ]は完全 On Line にて修得いただけます。
Essence と各課題ツールは、あなたのための ― あなたの近くに居る人のためのプラクティスとして構成されています。

コンセプトは〝 自分と遊ぶ 〟。
自分自身と遊べる人は誰かと遊ぶのも上手です。
それは自分自身に ― 人生に飽きないという意味で関わる相手の人生をも面白いものにするでしょう。

まずは自分について知り、
そのうえでもっと自分らしく健やかなる歓び溢れる毎日を創造する。

>> アーユルヴェーダの原理原則 × 今日の私たちを解きつなぎ合わせるユーモアあふれるカリキュラムでもあります

パートナーシップにも必ず役立つはず。


アーユルヴェーダの知恵、思想、哲学から「自分らしく生きること」をみる

「アーユルヴェーダの基本知識」を解りやすく修得 /  体質理論・精神傾向・食物・暮らしのガイダンス
根本から目覚め、自分を生きていくための準備に大事なことを知る
自分らしさを取り戻すための具体的なステップを歩む
身体組織(五感)の正しい扱い方と日常でできるケア法
人生での時間の刻み方、自分に見合ったスケジュールの組み方
困難を感じたときにも決して歩みを止めない方法
情報や感情にふり回されない自分で在るために必要なこと
身体と心を繋げて自分を生きる、現代版アーユルヴェーダ的セルフケア
アーユルヴェーダ的アプローチから肉体と感情の毒素を開放するプロセス
「本来の自分」が見え始めたとき、生涯深めていきたいこと

構 造
A y u r v e d a・伝 承 医 学
健康の柱・体と精神の個性について理解する

解 釈
A y u r v e d a・伝 承 医 学・現 代 を 生 き る 私 た ち
五感の扱い方・整え方の具体的なアプローチ
健やかさを改善し支える直接的課題の実践


創 造
A y u r v e d a・現 代 と 今 後 を 生 き る 私 た ち
日常で自分らしさを築くための
根本的なルールと実態を伴う継続的な実践ツールの活用


あなた × Ayurveda の形
唯 一 無 二 の 持 続 的 感 覚
健康と幸福へと続く〝必然的な生き方〟を自分のペースで築く

すべてのプロセスを On-Line 上にて受講いただけます

今の自分って、何からできているの?
自分の肉体的 & 精神的特徴から長所と短所を理解する
本当にしたいことは、できることは、なに?
暮らすこと、食べること、生きることを繋ぐ

関係性、仕事、家庭‥すべての関係性にもっと存在するために etc …

もっと、もっともっと、愛し合えますように。


アーユルヴェーダ省察プラクティショナー
K a o r i

関 連

  1. 【11月開催】アーユルヴェーダ料理を食べて心身ともにくつろぐ…

  2. 50 年先も一緒に笑っていたい

  3. 健康のためにやめた「健康法」

  4. 食事を届けることは愛を届けること

  5. 探求の道のり – 理解と受容の過程で “感じたこ…

  6. 【関係と時間と変化】自分の心がうつすもの

最新記事 おすすめ

カテゴリー

ブログ 購読