3つのドーシャのなかで最も流動的でしなやかなエネルギー
「ヴァ―タ」img_20161029_164155

空と風のエネルギーから成るヴァ―タは、創造性・順応性に富んでいます

増大すると=吹き荒れすぎる・速すぎるため、ペースを保ち、潤いを保たせるよう日頃からのケアが大切です

ヴァータは“動き”を司っている性質上、他のドーシャよりも早くにバランスを乱しやすいですが、整ったヴァータは最強なパフォーマンス力をもっています

それはしなやかさであったり、優雅な状態として現れます

ヴァータが穏やかでいると、加齢による乱れを阻止し、健康寿命を長くします


ヴァータ優勢な人の体質と特徴について
1・〔 ヴァータの性質 〕
2・〔 ヴァータ優勢な人(時)の見た目 〕
3・〔 ヴァータ優勢な人(時)の心 〕
4・〔 ヴァータ優勢な人(時)の動き 〕
5・〔 ヴァータ優勢な人(時)に適した食事 〕
6・〔 ヴァータ優勢な人(時)の適したライフスタイル 〕

wp-image-243693675

1ヴァータの性質〕

軽 ・ 乾 ・ 速 ・ 動 ・ 風 ・冷

ヴァータ優勢な体質の特徴
>機敏で活発だが気まぐれ

2〔 ヴァータ優勢な人(時)の見た目 〕

ヴァータが優勢な体質の特徴
生まれつきヴァータが多い人は、
ヴァータの質が心身に強く現れています

軽くて冷たく、動性のヴァータの属性が
 この体質の心身の特徴です
 ・身長は低いか、細くてノッポ
 ・鼻は鷲鼻で目は小さい傾向にあります
 ・皮膚が冷たく乾燥ぎみで、髪もパサパサしています
 ・歯並びは悪く多少不揃いのことが多いようです
 ・筋肉質ではないので、血管や靭帯が浮き出て見えます

- アンバランス時 -
しかし、ヴァータのバランスが崩れると、
便秘になったり、寒がりで手足が乾燥して冷たくなったり、
ガスが溜まってきます。
緊張性頭痛、腰痛などの体の痛みが起きることもあります
不眠にもなります

3〔 ヴァータ優勢な人(時)の心 〕

心の面ではサットヴァ(純性)が増えて
ヴァータのバランスがとれているときには、
行動がすばやく敏感、快活で想像力が豊かです
新しいものや変化を好み、順応性が高い人です
さらに理解力がよく、記憶力も速いのです

ラジャス(動性)が増加して
ヴァータのバランスが崩れると
不安が強くなり、気分が変動しやすくなります

衝動的で集中力が激減したり、
すぐに緊張してしまったり、
記憶力がよくても忘れっぽくなったり
怖がりで、何事にも心配性になりがちです
また、空虚感を伴った抑鬱状態を出すことがります

これらはヴァータ体質の短所となります

4〔 ヴァータ優勢な人(時)の動き 〕

ヴァータがバランスされているときは、
ヴァータのもつ良い面が出るため、
機敏で活発、体が軽くて、頑張りもききます
傷の治りが速いのも特徴です
これらは長所となります

行動の面にも速性が出てきますので
この体質の人は早口です

睡眠時間も少なくてすみます

また、物事を率先して行うことが多いのですが、
長続きがしません。
悪くいえば、信念が変わりやすい人です
住所や仕事を変えることが多いそうです
お金を浪費する傾向もあります

アンバランスしやすい季節、
年齢、行動と傾向、病気との関係

〈 精神的傾向 〉
 不安、緊張

〈 行動傾向 〉
 不規則性

〈 アンバランスになりやすい季節・年齢 〉
 晩秋~冬、
  老年(年老いてからの時期)

〈 かかりやすい病気 〉
下半身の異常
(坐骨神経痛、腰痛、冷え性、大腸疾患)
神経疾患
(頭痛、脳卒中、パーキンソン病)
循環器病センター疾患
(狭心症、高血圧、心筋梗塞)
ヴァータ過剰によってかかりやすい病気がもっとも多いです

その他.
ヴァータ過剰によってピッタがアンバランスすると、
慢性的な下痢になることがあります
ヴァータのためのライフスタイル・食事と沈静法

5〔 ヴァータ優勢な人(時)に適した食事 〕

ヴァータ過剰を鎮めるには、
温かく良質な油分を含む、
重さのある食べ物がすすめられます

ギーを食事に加えるととても良いです

甘味、酸味、塩味を適度に含むものを
食事でとるようにします

甘草やショウガ、シナモン等がよいでしょう

刺激物や極端に苦味・渋味のあるもの、
揚げ物や生サラダなどの乾燥したものは避けます

● 適していないもの
ヴァータが過剰になると
同じ性質である“乾いたもの”を欲しがります
(揚げ物やスナック菓子、乾燥したパンや生サラダなど)

これらはヴァータをより乾燥させてしまいます

一度に最低20回は噛み、
消化のサイクルによい食事時間は20分前後です

◇朝食
 温かく、良質な油分を含む食べ物

◇昼食
 一日のメインの食事とし、
  甘味、酸味、塩味を適度に含むものを多めにとる
  良い油分と、ほどよく重さのあるもの

◇夕食
 一日の最後の食事、軽めに、早い時間帯に食べ終える

甘味、酸味、塩味を適度に含むものをとる
  良い油分と、ほどよく重さのあるもの

◇夜
   ホットミルクが神経系を穏やかにしてよく眠れます

6〔 ヴァータ優勢な人(時)の適したライフスタイル 〕

「動く」ことがヴァータの性質なので、
過剰なときはその逆のことを取り入れましょう

落ち着いた動作を心がけて、
工程ひとつひとつを「味わい」ます
一度にひとつのことへ手をつけます

乾燥によって心と体がパサつきやすいので
良い油分のある食べ物を中心に、体をあたためる習慣を

良質な万能オイル「ギー」を目へ1滴入れると
PCや太陽の光による刺激から目を守り神経を修復します
(ヴァータ過剰なときには特に目がきょろきょろするので)

運動はスローな動きのものを
ウオーキングやサイクリング、登山など
ヨガのアサナでは前屈のポーズ全般が効果的で、
気持ちをリラックスさせて落ち着きをもたらします
(通常、ヴァータ過剰時には前屈を難しく感じます)

下半身をカベに上げてそのまま10分~30分おくのも
ヴァータを鎮めるのに効果的です

慢性的な下痢や便秘にはハーブティが進められます
1日に1~2杯飲むことでドーシャを鎮めて
症状の解消が期待されます

動きすぎによる鋭さや散漫は、
長期的には習慣病やあらゆる病気のもととなります
「程よくゆるめる」を意識して過ごしましょう
参考文献:インドの生命科学 アーユルヴェーダ


クリエイティブに物事をみて

私たちの生活に豊かなアイディアをもたらすヴァータ

ヴァータがバランスすることで
他のドーシャも安定し、

私たちの体・心は循環していきます
126
現代社会ではヴァータが乱れやすく、
より意識的にケアすることが大切です

ヴァータに“うるおい”を与えましょう
すると私たちの人生は輝きに満ちます

地にしっかりと足をつけて根を伸ばしましょう


ここに記してあることは
ほんの「ガイド」に過ぎません
103

ドーシャのことを理解しておくと
人生において自分自身や周りへの理解を
深めることにもつなが
ります

長所をどのようにして引き出すか、
短所をどのように活かすか(またはカバーするか)を
シンプルに考えられるようになります

自分との向き合い方から人生での創造、
たのしみをこれまで以上に見つけやすくなるでしょう

体と心の「ほんとうの声」を聞きましょう

硬い決まりごとのように
すべてを捉えることなく、

一歩一歩シンプルな選択を重ねていくことが大切です

ヨガもアーユルヴェーダも直接的な体験が一番大切です

今、自分がしていることが何なのかを
ひとつひとつ感じることから始めましょう


こちらもあわせてご覧ください

【火の性質・ピッタ】動きと沈静法
水の性質・カパ】動きと沈静法

いつも愛をここに

“自分を知ることによる幸せ”
ヨガとアーユルヴェーダと食事
全米ヨガアライアンス認定 ヨガ指導者
Hale Pule 認定アーユルヴェーダシェフ
kaori

Posted by:anandalife1007

4 replies on “【ヴァータ・風の性質】動きと沈静法

コメントを残す