軽井沢移住してみて

長野軽井沢へ移住して
ちょうど 10 日が経ちました。

まだ 10 日かあ、という感じで、
東京に住んでいたのが
もう 2 年くらい前に感じてます。
( Vata Pitta よ )

9 年前から
毎年軽井沢の某宿に訪れていて、
御世話になり続けたご夫妻にまずはご挨拶行かないとね!
と意気込んだものの

冬期休暇だったりなんだりしていた矢先、
偶然にも街中で遭遇したという
セレピがあったのは序の口で、
* セレンディピティ

( 停車中 目の前に来た車。
そこから乗り降りする方がそうで、慌てて降りて駆け寄り
ご挨拶とさせていただきました、相当驚かれました )

・・・はあ、なんとも。

朝起きてから夜寝る瞬間まで
1 秒だりとも余すことなく
〝 ここで生きている私 〟を受容しています。

6 年間、
東京のど真ん中によく暮らしてたよなぁ私

とつい思ってしまうほどに、
時空と空間がわたしに合っています。

おしんとかおりのはなし WS でも話しましたが、
私にとっては

6 年前( いやもっとかも )から
魂レベルには求めていた環境であったのです。

しかしいつも思うのは
「 求めているときほど、相応しくない 」
ということ。

求めて、煮込んで、熟した頃、
それは「 求めて 」いなくても出来あがる、

軽井沢移住までのプロセスはまた別途書き( or 話す )ますが、

・空気が断然おいしい、深呼吸し甲斐がある
・空が広い、山が大きい、木々がたくさん
・小鳥がたくさんやってくるのがもう幸せ
( うちの木に巣をつくってる )
・家が可愛い、住まいづくりが楽しい
・協力し合って行うことの多さが嬉しい

・玄関から自然ある場所に距離がない
・買い出しが最高にたのしい、食材の鮮度が高い

・車での移動、自転車もあり、徒歩も楽しい
・ゴミ捨てルールなどにより生産から破棄の過程が真直にわかる
・家のなかに居ながらローカル感があり自然も感じられる
・隣近所、街でお店を営むひととの距離感が近い( 近すぎることもない )

以上が、
10 日過ごしてみて今のところ味わっていることです。

2022 に掲げた〝 イメージ 〟のテーマが
このように孵化されたこと、
関わり合ったすべてに感謝しています。

今後 YouTube には Vlog もあげていきますね。

↓ 引越し直後の状態

* 東京のど真ん中で〝 生き長らえた 〟術や
その心意気は 過去 BLOG や
Instagram 投稿からも垣間見えると思うので割愛し、

また別途記事にいま現時点から振り返る内容を綴ります。

さて移住にあたって
この土地のことをもっと知っていきたいのは勿論、
様々な想いをもって暮らし活動している方との
ご縁も大切にしていきたいと思っています。


Kaori

あわせてご覧ください

  1. 2018年お世話になりました

  2. 【ご報告】アーユルヴェーダとヨガのその先に

  3. 日本人にとってのアーユルヴェーダ料理

  4. 変化を見たければ、変化になりなさい

  5. 始めます

  6. 『どんな未来を見たい?』

最新記事 おすすめ

カテゴリー

ブログ 購読