-レシピ- 【 おうちで簡単に作れるキッチャリー 】

食べ物が身体を作り、食べ方は生き方に現れます。

キッチャリー ( kitchari ) は、
主に米と豆をスパイスやギーとともに調理したもので、日本で云うところの〝 お粥 〟です。

米だけでなく豆( 主に緑豆 )も一緒にしていることで、体内の消化機能を休める & 組織の深部へ滋養を与えます。

( 土台が成ることと内側からの解毒が起こることは同時の方がうまくいきます、過食と断食繰返しちゃダメ🙅 )

調理時に合わせるスパイスは消化機能促進や免疫の向上に、ギー ( 最強オイル ) は内臓や神経系の潤いを増して心身の活力を高めます。



– レシピ –
おうちで作れるキッチャリー

自宅で簡単に作れるレシピについて、アーユルヴェーダ・ヨガの匠から教えてもらい毎日のなかで作りやすいと心得たものを下記へ記載します。

【 食材 】 3 ~ 4 人分あたり

お米  1 カップ

ムング豆( 緑豆 )1 / 2 カップ

ギー 大さじ  1 ~ 3
  便秘体質や冷え性の人は多め肥満・浮腫み体質の人は少なめ

岩塩 適量

生姜すりおろし 大さじ 1
   下痢や肌荒れ気味の人は少なめ便秘・肥満・浮腫み体質の人は多め

水 3 . 5 ~ 4 カップ
  全体量に対し 3 .5  – 4 倍量

  緑豆は、
  ひきわりタイプが食べやすい
  & 消化しやすく初心者様へはお薦めです。
 ( 皮つき or なし どちらでも 〇 )
  米に対し豆はその半量
  or 豆 1 / 3・米 2 / 3 だとより軽くなります
  ホールの豆を使う場合には 6 時間浸水
  ひきわりタイプはそのまま調理可能です


< スパイス:シード ( 粒 ) >
 なければパウダーだけで 〇

 ブラウンマスタード
 クミン
 コリアンダー
 フェンネル

  小さじ 1 / 2 ずつ

< スパイス:パウダー >
 クミン
 コリアンダー
 カルダモン
 ターメリック
 フェヌグリーク

 小さじ 1 / 2 ずつ
  アサフェティダがあればなお ◯
  シンプルなキッチャリーは「 クミン 」のみでも作れます

>> スパイスのこと・効果効能一覧


野菜も入れる場合は
 オーグメンティングとエクストラクティブをバランス良く
  ( さつまいも & 小松菜・カボチャ & 白菜、など )

【 調理法 】20 ~ 40 分
 *
圧力鍋は 18 分
 * 通常の鍋は 35 分程加熱

表記半量のギー
  シードスパイスを鍋で加熱

   ブラウンマスタードがパチパチ弾けてきたときに
  他のシードスパイス( クミン・コリアンダー・フェンネル等 )
を入れる

カルダモン以外のパウダースパイス、塩を入れる

洗った米と豆を入れて全体を混ぜ合わせる

水を全体量の 3倍入れて
  火を強くして沸騰させる

加熱時間を下記の通り設ける

圧 力 鍋
>> フタをして再弱火に落として 18 分加圧調理

普 通 の 鍋
>> 水をもう 3 – 5 cm 多く注ぎ入れて
  中 ~ 弱火に落として 30 分前後加熱
  フタは少しずらして空けておくと焦げ付きにくい
 必要に応じて随時水を注ぎ足す

残り半量の ギー、カルダモンを
  別の小さめな鍋などで熱して大鍋の方にかける

 最後に生姜をすりおろして入れて
  全体を混ぜ合わせて完成

時間がないときは
  シードスパイスのあとに
 すべてのパウダー、岩塩も入れて調理。
  最後に生姜をすりおろして完成。


補 足

一度プロセスが分かると季節・体調に応じたレシピも作れるようになります。
活動量が多くしっかり食べておきたいとき
さつまいもやカボチャなどの根菜類と葉物を入れてグラウンディングがかなうキッチャリー

暑い日のキッチャリー
スライスしたキュウリと刻んだ水菜を余熱で混ぜ合わせる

浮腫み、冷えがある時期
生姜のすりおろしを多めに

便秘、乾燥が気になる時期
水分量を多めに

 お米の種類は白米が最も消化にやさしいですが、玄米や押し麦などお好みの穀物で作っても良いです。
白米 冷まし効果・熱鎮静・消化しやすい >> 特にピッタ・カパに
玄米 温め効果・強壮・重さ・グラウンディング >> 白米と半々などでブレンドすると

保存可能時間は「 ほぼなし 」
キッチャリーの滋養は出来立てのときが最高潮です。
調理後すぐ、遅くとも ~ 6 時間以内で食べきるようにしましょう。

ギーも是非手作りで
>> ギーも自宅で簡単に作れます



キッチャリーを食べることによる
体調の変化

私自身は 2016 年のヨガ留学を機に、
匠がアーユルヴェーダにも精通しているプラクティショナーであったことでキッチャリーを知り、かつ継続的に食べる機会がありました。

1 週間 1 日 3 食のキッチャリーが続いたことで、まずその効能について直接的な変化を体感しました。 

キッチャリーを食べた際、大切だと感じたのは、食事だけでなくその〝 食べ方 〟や暮らし方全体のバランスについてです。

食事を食べるときは食事そのものに集中することや、
1 日を通して一定のリズムで食事を摂ることなど、
すべての行いやそこにあるエネルギーの行き先が総じて身体の機能を治癒し、根本からバランスが整っていくのだと実感しました。

とは言っても、初めてキッチャリーを食べたときは
「・・・ ( 無 )?」といった感じで、正直すぐには「 おいしい! 」と思いませんでした。

日を重ねるごとに美味しさを感じられるようになるのですが、いかにそれまで刺激的なものや人工的な調味料に味蕾が慣れていたかにも気づきました。

アーユルヴェーダでいう、ラジャス ( 激性 ) → タマス ( 惰性 ) のサイクルにいることが常だったのです。

キッチャリーは日本でいうところのお粥ですが、
私の所感としてはスパイスやギーを適当に含むことで消化機能をやさしく促進しつつ内からの浄化、そして活力をも与える感覚があります。

続けることで体が、心が緩和していき、双方が一致していくような感覚。

キッチャリーは人間としての健康そのものの真髄に根差した食事の最高潮ともいえるし、だからこそ定期的に食して、自分自身の軸に戻ることの大切さを知りました。

キッチャリーとその周辺の習慣が丸々 1 ヶ月続いたときは以下のような変化がありました。

1 ヶ月で – 5 kg、でも過去最高に体力や精神力がある感覚
姿勢が良くなった、肉体の緊張やコリが解けた
寝起きと寝つきがとてもよくなった、エネルギーの安定を感じた
毎日快便になった、決まった時間に自然と出るようになった
浮腫みにくくなった、慢性的な疲労感がなくなった
怒り狂うことが減った、感情の解放と受容がラクになった

留学からの帰国後もキッチャリーは定番食になり、
キッチャリーオムライスなどのアレンジも楽しんでいます。

自らの手でキッチャリーを作って食べる、
・・・
この一連を経験するだけでも食への感覚が大きく変わるキッカケに成ったり、心身の癒しの機会になると思います。

おいしいキッチャリー、是非作ってみてください。

 


アーユルヴェーダ省察プラクティショナー
K a o r i

 

 

あわせてご覧ください

  1. 【 Ayurveda Holistic 基礎講座 】家族のた…

  2. サットヴァをこめて、サットヴァご飯のお届け

  3. 体と心の未消化物と毒素「セルフチェック表」

  4. アーユルヴェーダの健康定義は「消化力」にあり

  5. “今の気分”から原因と結果を探る / アーユルヴェーダの手が…

  6. 2018 / 11 / 22 (木)【Ayurvedaお料理…

最新記事 おすすめ

カテゴリー

ブログ 購読