-レシピ- 【おうちで簡単に作れるキッチャリー】

 

私たちの身体は
毎日 口にしているものからできています。

生命のための科学であるアーユルヴェーダでは、
【肉体・精神は習慣の産物で、「サトヴィックな食事」をするとそのような人に、「ラジャシックな食事」をしているとそのような人に、「タマシックな食事」が主となるとそのような人になる】といわれています。



アーユルヴェーダの滋養食
「キッチャリー」のこと

キッチャリーは、アーユルヴェーダで昔から滋養食として食べられてきた「お粥」で、数種類あるうちの一つとして愛食されてきたレシピです。

キッチャリーは、主に豆や米・スパイスギーなどを取り入れて調理され、滋養が豊富でありながらも消化がとてもスムーズです。

子どもから大人、高齢者まで美味しく食べられるサットヴァな食事です。
疲れた胃を休めるだけでなく、滋養を供給し免疫力を高めます。
活力も回復し心身共にエネルギーを満たすことがかないます。


– レシピ –
おうちで作れるキッチャリー

* レシピは、私が初めてアーユルヴェーダの食事を食べた Hale Pule で匠マイラがレクチャーしてくれたものをもとに記載します。

【 食材 】( 3 ~ 4 人分)

お米  1 カップ
ムング豆(緑豆) 1 / 2 カップ
ホールタイプは事前浸水 6 時間 / ひきわりタイプはすぐに調理できます
ギー 大さじ  1 ~ 3
岩塩 ひとつまみ
すりおろした生姜 大さじ 1
水 3 ~ 4 カップ

<シード状のスパイス>(あればで○)
クミン / コリアンダー / ブラウンマスタード
小さじ 1 / 2 ずつ

<パウダー状のスパイス>
クミン / コリアンダー / カルダモン / ターメリック
小さじ 1 / 2 ずつ

( アサフェティダ or フェヌグリークがあればなお ◯ )
( シンプルなキッチャリーは「クミン」のみでも作れます)

>> スパイスのこと・効果効能一覧

野菜も入れる場合はオーグメンティングとエクストラクティブをバランス良く
(さつまいもと小松菜・カボチャと白菜、など)

【 調理法 】( 20 – 40 分)
圧力鍋で20分、通常の鍋で40分程度です

中火で熱した鍋に表記半量のギー、シードスパイスを入れる

パチパチはじけてきたところで洗った米と豆を入れて混ぜる

水を入れて火を強くして沸騰させて蓋をする

加熱時間は下記

圧 力 鍋
圧をかけたら再弱火に落として 18 分前後加熱

普 通 の 鍋
水をもう 3 – 5 cm高く注ぎ入れて
中 ~ 弱火に落として 35 分前後加熱

別の鍋 – 中火で熱したところにギー、パウダースパイス、岩塩、生姜を入れて香り立たせる

米と豆の鍋の方へ流し入れて全体を混ぜ合わせて完成

時間のないときは【2】シードがはじけた時点で他パウダー等もすべて入れて【 5 】以降を省いても作れます


補 足

一度キッチャリーの作り方が分かれば、自分の体調やその時々の天候にも見合ったキッチャリーが作れるようになります。
・活動量が多くしっかりと食べておきたいとき さつまいもやカボチャなどの根菜類と葉物を入れてグラウンディングがかなうキッチャリー
・暑い日のキッチャリー スライスしたキュウリと刻んだ水菜を余熱で混ぜ合わせる
・浮腫み、冷えがある時期 生姜のすりおろしを多めに
・便秘、乾燥が気になる時期 水分量を多めに

保存可能時間は「ほぼなし」
・出来立てのキッチャリーは滋養が最高潮です。
調理後は遅くとも 6 時間以内に食べきりましょう

ギーも手作りで
・ギーも自宅で簡単に作れます。

お米の種類は、白米が最も消化にやさしいですが、玄米や押し麦など、お好みの穀物で作っても良いです。
・白米 – 冷まし効果・熱鎮静・消化しやすい・特にピッタに○
・玄米 – 温め効果・強壮・重さ・グラウンディング・白米と半々などでブレンドすると○



キッチャリーを食べることによる

体調の変化

キッチャリーは日本でいうところのお粥ですが、私の所感として、スパイスやギーが適当に調理されていることで消化機能を促進して身体の内から元気になっていく実感があります。
特に数日、あるいは一定期間食べ続けることで浮腫みやその他の毒素が排出されやすくなり、それだけでなく味覚が研ぎ澄まされていくのも感じました。

毎日の暮らしのリズムを一定に保ち、充分な睡眠とともにキッチャリーを食べることで、命がまるごと回復していくようです。

2016 に滞在した Hale Pule でのヨガ留学中は初めの 5 日間、3 食すべてがキッチャリーで、この期間では食べ物自体への執着を剥いでいく経験をしました。

食事だけでなく毎日 4 : 15 起床 – 20 : 30 就寝のルーチンに沿って生活したことで、心身ともに深くから浄化が起きていきました。

キッチャリーへの印象・食べた際の感じ方

1日目 キッチャリーの味をあまり感じない、途方に暮れる…
2日目 食材の甘味に少し気づく
3日目 米と豆の風味、全体の味を感じて美味しさに気づく
4日目 少し美味しいと思うようになる
5日目 美味しいと思う

・・もともと慣れていた「味」と比べると物足りなく感じるところから始まり、数日すると味が分かるようになり、米や豆のそれぞれの美味しさを味わえるようになりました。
特に 3 – 4日目あたりから全身の浮腫みがすっかり抜けた感覚もあり、頑固な便秘も自然と毎日出るようになっていました。

そうして 5 日間のキッチャリー期間を終えたあと、アーユルヴェティックな食事をいただくこと丸一ヵ月。
帰国後に改めて自分の体調の変化を実感しました。

一ヵ月で – 5 kg
姿勢がとても良くなった
寝起きと寝つきがとてもよくなった
毎日快便になった
浮腫みにくくなった
怒り狂うことが減りマインドが安定した

…など。

帰国してからも毎日の食事でキッチャリーを作るのが定番になり、キッチャリーオムライスなどのアレンジも楽しんでいます。

キッチャリーを自ら作って食べる、この一連を経験するだけでも食への見方や感じ方が変わるキッカケになることもあると思います。

>> キッチャリーづくりのプラクティスはこちら



日本人初参加
Hale Pule認定
アーユルヴェーダシェフトレーニング
img_20171121_204022_030542376740.jpg

生涯継続していける本質的な学びと実践のため、2017年11月 日本人を交えては初の開催となるHale Pule認定 アーユルヴェーダシェフトレーニングを修了しました。

アーユルヴェーダの原則をもとに健やかな体と心を拡大、安定させていくことを目的としたプラクティスを東京都内で定期開催しています。

 

 



アーユルヴェーダ省察プラクティショナー
K a o r i

 

 

関 連

  1. 2018 / 11 / 22 (木)【おうちで作れるキッチャ…

  2. 第一回【キッチャリーお料理教室】バランスをもたらす- アグニ…

  3. 【 1月24日(金) キッチャリーづくりのご案内 】

  4. 『 女性性の乱れ・女性ホルモンを整える 』

  5. 仕事 家族 関係のすべてに宿る「サットヴァの力」

  6. サットヴァをこめて、サットヴァご飯のお届け

最新記事 おすすめ

ブログ 購読

ツールバーへスキップ