キッチャリーはおうちで簡単に作れます

調理プロセスはとてもシンプルで、一度覚えたら様々なアレンジができるようになりますdsc_9683105691179.jpg

今回ご紹介するレシピは、全米ヨガアライアンスより認定を受けているハワイカウアイのヨガスタジオ「Hale Puleで、恩師マイラより実際にレクチャーを受けたものです


キッチャリーとは・・・

キッチャリ-は
消化機能をゆるやかに休めながら浄化を促す作用があります

それでいて必要な滋養を深部へと与えてくれるのが“万能食”といわれる理由です

インドでは家庭それぞれにレシピがあったり、
調理の際 あわせる水分量の違い等によって得られる効果も様々なのです

主には
・ムング豆(緑豆)
・お米(その土地と体によって種類は変動)
・ギー
・岩塩(ミネラル塩)
・スパイス
(…必要に応じて野菜

これらの食材を使ってキッチャリ-はシンプルに作られます

形状と食感は日本でいうところの「お粥」と近しいものですが、キッチャリ-では食べる薬とされる“スパイス”を適量・適度に、油はギーを使います

ギーは身体の毒素を溶かし排出させ、
思考とマインドをクリアにする働きがあります


– レシピ –
おうちで簡単に作れる
シンプルキッチャリー
dsc_96261822699565.jpg

食材( 3 ~ 4 人分)

・お米  1カップ
・ムング豆(緑豆) 1 / 2 カップ
ギー 大さじ  1 ~ 3
・岩塩 ひとつまみ
・すりおろした生姜 大さじ 1

・水 3 ~ 4 カップ

シード状のスパイス(あれば)
・クミン、コリアンダー、ブラウンマスタード
(小さじ 1 / 2 ずつ)

パウダー状のスパイス
・クミン、コリアンダー、カルダモン、ターメリック
(小さじ 1 / 2 ずつ)

(アサフェティダ orフェヌグリークがあればなお◯

シンプルなキッチャリーは「クミン」のみでも作れます
上記スパイスが用意できる場合は、以下の組み合わせがスタンダードなブレンドです
・シード >> クミン、コリアンダー、ブラウンマスタード
・パウダー >> その他のカルダモン、ターメリック

>> スパイスの効果効能一覧

・野菜はお好みで
オーグメンティングとエクストラクティブを6:4になる割合で


作り方

 中火で熱した鍋に[表記半量のギー]、 岩塩を入れる

2 シードスパイスを入れてパチパチ弾け出すまで待つ(約 1 – 3 分前後、鍋や火の環境による)

3 米、豆(野菜を入れる場合はここで ※葉物以外)を入れて全体がなじむよう混ぜ合わせる

 水を入れて火を強くし一度沸騰させる

5 加熱する
圧 力 鍋
蓋をして圧をかけたら再弱火に落として 18 分前後加熱
普 通 の 鍋
強火で 3 分前後沸騰させた後、中~弱火に落とし 35 分前後加熱

6 別の鍋 (フライパンでも〇) を中火で熱し、[表記半量のギー]、すりおろした生姜、パウダースパイスをすべて入れてなじませ、出来上がったキッチャリーにかける
5 分ほどおいて全体がなじむのを待ち、最後にそっと混ぜあわせて完成

>> 時間のないときは【6】の工程を省き、【2】の後パウダー状のスパイスを入れて調理するプロセスでも◯

>>野菜もしっかり入ったキッチャリーレシピ

補 足

・圧をかける以外では基本「中火」です
・器材などでやたら“かけ混ぜすぎない”ようにします
・スパイスの香り、食材の変化過程を見守りながら作ります
・キッチャリーは完成から 6 時間以内に食べることをおすすめします
残り物の工夫/食べ物のエネルギーについてはこちら

お 米 の セ レ ク ト

・様々なお米でバリエーションが楽しめます
・玄米では調理時間を約 2 – 3 分長めにします
白米 – 消化しやすい、冷まし効果(ピッタ優位時にオススメ)
玄米 – 白米よりやや消化に重め、温め効果(ヴァ―タ優位時にオススメ)
カパ優勢時では両方を合わせたりきびや蕎麦の実など、2-3種の穀物をブレンドしても良いでしょう
・食後の経過を観察しながら日々変化を取り入ましょう

の セ レ ク ト

・ムング豆は豆の中でもっとも栄養価が高く消化もラクといわれています
ひきわりタイプであればそのまま調理ができてラクです
・ホール状の場合は事前に6時間以上の浸水が必要です

野 菜 の 投 入

・活動量の多い日や、クレンズ期間中の初めと終わりでは
もりもりと野菜を入れるのもよいです
レシピのバランスはこちらを参考にしてください
・特にアグニを回復させたいときであれば(病み上がり時や消化不良時)、シンプルであるほど身体が休まるので米・豆だけでのキッチャリーがおすすめです

ス パ イ ス の 調 合

【6】の工程を省き、【2】の後パウダー状のスパイスを入れて調理するプロセスでも大丈夫です


絶え間なく
稼働を続ける身体

体に起こっている調和と不調に“意識的になること”が アーユルヴェーダです

・疲れやすい、疲れが取れない
・不調が出やすい、慢性的な生活習慣病
・集中力、記憶力がもたない
・やる気が出ない、気分のムラがある
生理不順、PMS、不妊
・冷え、浮腫み、肥満

これらは体内でエネルギーがうまく循環せず、滞りを経て毒素が溜まっているサインです

WHO(世界保健機関)より認定を受けている
伝統医学「アーユルヴェーダ」では、古代より
“食べ物が万能薬である”とし、
食物とその食べ方の重要性について説いています

「食物」と「食べ方」が正しければ
人は健康と幸福を維持・増大することが可能で、
誤った食物と食べ方が万病のもとであるとしています


キッチャリ-を取り入れたいとき

・休日のデトックス食
・夜遅い日の晩御飯
・活動量の少ない日中ランチ
・季節の変わり目に生命力維持のため
・風邪の引き始めの滋養食
・病み上がり時の回復食
・疲れを感じたときにいつでも
・元気を温存したいときにいつでも

キッチャリーの効能を最大限引き出すために

キッチャリーを体の深くに取り入れ、癒しを滋養をしっかり得るには全体の生活の仕方も肝心です

効能を最大限に引き出すために、ディナチャリヤを実践しましょう

・日の出前に起床し、夜は22時までに就寝する
・一日を通して白湯、常温水だけを口にする
・昼食をメインに、夕食はごく少量に留める
・過激な運動は避け、朝と夕方に適度にヨガアサナや散歩を取り入れる

…など、ディナチャリヤとは、
身体の叡智に従い一日を過ごすという暮らしの方法です

これにより体的にも心的にもより深いレベルでの癒しと回復を体感することができます

ギーのその他使い道・効果効能についてはこちらから


まずは作り方を目で確かめながら
日常に取り入れていきたい

…そんな方のための
キッチャリーづくりお料理教室を開催しています

>  Lesson 詳細 <

3 / 14 ( 木 )  18 : 15 ~ 21 : 15
3 / 20 ( 水 )  10 : 00 ~ 13 : 00
4 / 17 ( 水 ) 18 : 15 ~ 21 : 15
4 / 18 ( 木 ) 18 : 15 ~ 21 : 15

受 講 者 様 の お 声

あわせてご覧ください

>> 消化力を整えるのに大切なこと
>> キッチャリークレンズ  / 7 つの効果

>> 知らず知らずのうちに毒素は蓄積する


日本人初参加
Hale Pule認定
アーユルヴェーダシェフトレーニング
img_20171121_204022_030542376740.jpg

生涯継続可能な本質的な学びと実践のため、
2017年11月 日本人を交えては初の開催となるHale Pule認定 アーユルヴェーダシェフトレーニングを修了しました

トレーニング内容・詳細は記事に掲載されています

「アーユルヴェーダ・シェフトレーニングに参加して」
>> Vol.1 >> Vol.2

いつも愛をここに

“自分を知ることによる幸せ”
ヨガとアーユルヴェーダと食事
全米ヨガアライアンス認定 ヨガ指導者
Hale Pule 認定アーユルヴェーダシェフ
kaori

Posted by:anandalife1007

コメントを残す