【 Ayurveda Holistic 基礎講座 】家族のためのアーユルヴェーダレシピ

アーユルヴェーダの基礎理念を一から紐解くプラクティス
Ayurveda Holistic 基礎講座 第五期の最終章が 4 / 7 (水) に行われました。

全 40 時間弱を皆さまとともに過ごし、
アーユルヴェーダの基礎・健康と幸福のあれこれを直接的に紐解いていきました。

学びは永続的かつ不完全であるがゆえに輝くものです。
これからの毎日がもっと微細に煌めくことを楽しめますように。

今回も皆さまからいただいたお写真でレポート記事をまとめます。



Ayurveda Holisitc 基礎講座 / 第五期
最終章 レポート記事

D a y 5

調 理 編 /
家族のためのアーユルヴェーダレシピ
– みんな大好き・おいしいメ ニ ュ ー –

講 義 編 /
アーユルヴェーダが照らす唯一無二の命

これまでに実践してきた内容から〝 家族のため 〟に応用したメニューです。

現代では食べ馴れている「 おいしいもの 」も、アーユルヴェーダのエッセンスをヒントに創意工夫すると心地好い食事にアレンジすることができます。

調理 MENU

 

アーユルヴェーダ流 とろぉりオムライス
アーユルヴェーダ流 ベジタブルファラフェル
タヒニソース
アーユルヴェーダ流 バジルペストのピザ

アーユルヴェーダ流のオムライスでは キッチャリーを簡易ヴァージョンで炊いて、そこへ平飼いの卵をスパイスとともにとろとろに焼き乗せます。卵だけでなく全体がトロトロのホクホクで、ヴァータドーシャを鎮めるテクスチャです。

ファラフェル( コロッケ )は、柔らかく煮たひよこ豆とエクストラクティブ食材をふんだんに使って、さわやかな香りと軽い食感が楽しめるサットヴァ的なレシピです。

ピザ生地には、アーユルヴェーダでは古代より食べられてきた〝 チャパティ生地 〟を作って、トッピングは旬食材をソテーしてあわせました。バジルとナッツで作ったペストも良いハーモニーになりましたね。〝 しっかり 〟滋養があるうえ消化にも〝 やさしい 〟ピザです。

食物そのものの形状やテイストに様々な視点を加える〝 グルヴァディ・グナ 〟への深い理解はキッチンで起こります。これまで各章内で実践を重ねてきたアーユルヴェーダレシピはどれもとてもシンプルで簡単なものですが、食事という概念をフラットに広げることに繋がり、それでいて無尽蔵の歓びをもたらすものだと体感いただけたはずです。

健康な身体と心を養い人生を心地よく過ごす、
そのための有益な手段が〝 食事 〟にあるというのがアーユルヴェーダの教えです。

食べた瞬間だけでなく食べたあとにも続く満足感と充足感。
・・・長期的に健やかで( それが欲張りだとしても私たちの多くはそれを望む )幸福に過ごすためにこの要素は大切かと思います。

>> 調理内容の補足は
過去レポート記事も参考にしてください



【 人生における4つの目的 】

講義編・ 最終日のテーマは「アーユルヴェーダが照らす唯一無二の命」。

アーユルヴェーダの基礎を知り学んだうえで〝 アーユルヴェーダを学ぼうと思った理由に再び立ち返る 〟ような内容です。基礎に触れたうえで改めて考えると、見えてくる景色は必ず当初と違っていることに気づきます。

講義 概要

アーユルヴェーダの提唱する「 人生における4つの目的 」

アーユルヴェーダの目的は人生を果たすことにあり、そのために 2 つの側面からアプローチしていくのですが、それらの向かう先、全容性は「 4つの目的 」のうえに成り立ちます。
1 ◇ ダルマ / 達磨
2 ◇ アルタ / 富利
3 ◇ カーマ / 歓喜
4 ◇ モクシャ / 解脱

日々の食事や習慣からまず 1 のダルマにアプローチしその土台を養うことがかないます。
= アグニを整えることやダートゥを生成すること、そこからオージャスを増強して人生に存在するとき、人生の4つの目的は個々によって( そして社会全体へと )段階的に果たされるというものです。

もっとも、先週の講義編でも触れたように、「 食物 」といってもたんに口に入れる食物のそれだけでなく「精神に取り入れる食物」という概念があり、ここには「 布施をすること 」や「 真実を話すこと 」といった要素も含まれています。

これは毎日―今に存在する術、とも捉えられます。

基礎講座内で受講者の皆様とともに常に「 今日 」と「 アーユルヴェーダ 」を繋げてみていった時間のなか、着実に〝 現在地点 〟が見つかってそこから〝 向かう先 〟も照らし出されていきました。

私たちは誰もが違っていて、
しかし誰もが原理原則のうえに存在する、という

言葉では理解していることを
心の根底から全容的に受容するような、そんな最終章となりました。

今回ご縁が巡って共に歩むことができた皆さまへは大きな祝福を送るとともに、今後の人生においてますます〝 気に入る瞬間 〟が増すことを願っています。

生きるほどに、ラクになろう。



プラクティスを経て / 受講者様のフィーリングより

なんちゃってキッチャリーは簡単で美味しいので、時間がない日の夜ごはんに良いなと思った
アーユルヴェーダピザ、チャパティは簡単だし上に乗せる食材次第でバリエーションがたくさんできるのでホームパーティーなどでオリジナルピザを作るのも楽しそうだなと思った
アーユルヴェーダオムライスは知っているオムライスと全然違って、素材そのものの優しい味が楽しめた


同じ料理、同じ食材でもその日の状態・体調に合わせて、料理のグナを変えると毎回楽しめると思った


「何事も学ぶ」関係性が終わったからと言って失敗じゃない。
すぐに結果を求めない。〝今〟を味わって、楽しんで生きる。


この数週間を振り返ってみて、〝食〟への調整ができていると感じた。
自分の身体の声が聞こえて来たり、聞こうと思えたりする。

感情のムラが少なくなる最中で、自分がすべての中心にいるという感覚。
→ 本当の自分が顔を出してくる
辛くても悲しくても嬉しくても幸せも、= 自分


今日の Menu は全体的に重そうに見えたが、食べてみたら軽かった。
今日のすべての調理工程から、「シンプルさ」= 人生だなと感じた。
余白を持っておくことで楽しいが増える。


ひよこ豆のベジタブルファラフェル、セロリとレモンの風味がさわやかで軽かった。
思っていたより簡単に作れて、また作りたいと思った。

タヒニソースはヨーグルトの酸味が白ごまと合っていて、手軽に作れた。
色々なものを合いそうなので、万能ソースに良いと思った。

チャパティ生地とバジルペストのピザは、米粉も入れることで軽く焼きあがっていた。
バジルペストもオイルとナッツ類によってバリエーションが多くありそう。
上に乗せる野菜も色々と変えて作ってみたい。


自分がイメージしたものは、必ずと言っていいほど実現する。
信念を持って人生を生き切るという事のすばらしさを感じた。


人の性質(ドーシャ)からも職業や働き方の向き不向きが解る点が、アーユルヴェーダはおもしろいと感じた。


 今ここに存在するだけで愛であるということ。
自分を大切に、愛を持って接することで周りの人達に愛を注げる。
小さな子どもが、本当に存在するだけで愛ある存在なんだと痛感した。


「執着すること」→ 亡くなった愛犬に執着しすぎているということをお話しした時に、
かおりさんが〝そこには愛着があって、その存在があることで甘い時間を過ごした〟
とポジティブな言葉に置き換えてくださって心が震えて涙が出た。
何度この言葉を感がえても涙が出そう。本当に嬉しくフッと心が軽くなった。
この涙はとても温かく、心に嬉しく響い
た。


全部自分のために起きていること。すべては自分の為に必要なことが起こっている。(納得)
自分自身の経験 = 世界の経験。


自分が選択したことでそこから自分自身について学ぶ。
失敗することからも経験して学ぶ。(大切)
自分の解釈―視点を変える。


念願のアーユルヴェーダオムライス。
卵のとろぉり感が絶妙な加減で美味しかったです。
キッチャリーの簡易版も胃にやさしく食べやすかったです。消化にやさしくアレンジ。
全体的にご馳走メニューでした。


アーユルヴェーダを通して人生を楽しむ!
自分のこととして噛み砕いて倖せにする ; )


人生における「4つの目的」はその順番が大切!
自分らしく、人生をフラットに歩む。
「真実の人生を生きること」を前提に(難しい。本心でできていない。)

Ayurveda Holistic 基礎講座・受講者様から寄せられた全フィードバックをご覧いただけます。

Ayurveda Holistic 基礎講座
今後の開催スケジュール

[ 5 日間集中クラス ]
4 月 25 日(日)~ 4 月 29 日(木)祝日

[ 定期受講クラス ]
5 月 19 日(水)~ 6 月 23 日(水)

日程 >>【 5 / 19 , 26 】【 6 / 2 , 9 , 23 , 30 】
* 最終日は修了式

[ 5 日間集中クラス ]
9 月 19 日(日)~ 9 月 23 日(木)祝日

アーユルヴェーダ省察プラクティショナー
K a o r i


Ayurveda お料理教室
6 / 25 (金) 10 : 00 – 14 : 00 New
5 / 15 (土) 10 : 00 – 14 : 00
キャンセル待ち
4 / 17 (土) 10 : 30 – 14 : 30 キャンセル待ち

>> 生まれ変わる春 / お料理教室のお知らせ

Ayurveda Lunch
6 / 26 (土) 11 : 00 – 14 : 00 >>
5 / 14 (金) 11 : 00 – 14 : 00 >>
4 / 16 (金) 11 : 00 – 14 : 00 キャンセル待ち

 

 



 

関 連

  1. 自分の身体を宝物にして扱う

  2. 子どもも安心して食べれる甘味のこと

  3. 自分の命を守る方法

  4. 命の瞬きに耳を澄ませる / 女性と子どものためのアーユルヴェ…

  5. 2019 / 4 / 18 (木)【Ayurveda お料理…

  6. 「今」を見て生きる。

最新記事 おすすめ

カテゴリー

ブログ 購読